【子育てコラム】~保育所の担任の先生との付き合い方は?~

 

保育所の役割の一つとして、保護者への様々な支援があげられております。
そのために、たとえば日々のコミュニケーションなどを通して信頼関係を作ることや、保育所保育への理解を深める行事の実施や家庭との連携を基本に、保護者の仕事と子育ての両立の支援も取り組んでいます。
また、子どもの生活は、家庭から保育所へ、保育所から家庭へと連続しており、家庭との相互理解は、子どもの健やかな成長には欠かせないものと保育所では考えています。
そのような背景での担任の先生との付き合いなので、そんなに構えず無理のない範囲で、子どもさんの健康・育ちを大切にした日々のコミュニケーションをとられることをお勧めします。
例えば、小さなお子さんはまだ自分の思いを伝えることができないので、個人連絡帳などに率直な家庭での様子等を書いて下さると、子どもさんの具体的な様子もわかり、かかわり方の参考にもなって読ませていただくのを楽しみにしておりました。

又、忙しくあまり担任と会うことが出来ない場合は、特に疑問に思ったことや育児の相談なども気軽に相談されることをお勧めします。忙しそうだからと遠慮なさらず気軽にお声をかけてみられてはどうでしょうか。ご自分より若い担任の先生の場合もあるかと思いますが、頼りなさそうだと感じられても、保育所は様々な職種例えば、栄養士や看護師、園長などが深く連携しておりますので、課題に応じた幅広いアドバイスも可能だと思います。
大切な子どもさんの成長をはぐくむ協力者と考えられて、より良い関わりをつくっていただければと思います。

 

 中原 とし子(元武庫川女子大学附属保育園園長)