「女性研究者がさらに飛躍するために」 第3回 公開シンポジウム

第3回 女性研究者支援センター 公開シンポジウム

「女性研究者がさらに飛躍するために」

 

女性研究者が教育・研究活動と出産・育児・介護などのライフイベントを両立し、その能力を最大限に発揮するためには、職場環境の改善や制度の充実化が必要です。本学は、平成24年度文部科学省の「女性研究者研究活動支援事業」に採択され、男女共同参画推進の視点から女性研究者のライフイベントへの支援のために「女性研究者支援センター」が開設されました。

今回のシンポジウムは、本センターの3年間の成果報告と今後の展望を目的としています。本学が女性研究者支援事業を継続する上で、重要なシンポジウムとなりますので、ぜひご参加下さい。

 

日 時 : 2014年12月6日(土) 13:30-16:00

会 場 : 武庫川女子大学 日下記念マルチメディア館 メディアホール

 

*********************************************************************************************

プログラム :

13:30   開会

      あいさつ  糸魚川 直祐(武庫川女子大学学長、武庫川女子大学女性研究者支援センター長)

      総合司会  横川 公子(武庫川女子大学女性研究者支援センタープロジェクト推進支援室長)

      基調講演 「競争的資金を活用した大学改革―女性研究者支援・増加策の推進―」

            上瀧 恵里子(九州大学応用力学研究所 附属高温プラズマ力学研究センター 准教授)

 

14:40   パネルディスカッション「女性研究者支援センター3年間の取組みと今後の展望について」

      参加者:上瀧 恵里子(前掲)
   
          福尾 惠介(武庫川女子大学女性研究者支援センタープロジェクトリーダー)

          前田 美也子(武庫川女子大学女性研究者支援センター育児・介護支援部門リーダー)

          たつみ 都志(武庫川女子大学女性研究者支援センターキャリア支援部門リーダー)
   
          高橋 享子(武庫川女子大学女性研究者支援センター国際化支援部門リーダー)

          石黒 京子(武庫川女子大学女性研究者支援センター調査・広報部門リーダー)

 

16:00   閉会

 

※参加無料・申込不要