【子育てコラム】~離乳食を始めるタイミングについて~

 

生まれてしばらくは、母乳で過ごすので「母乳を飲んでくれるのか」が気になる赤ちゃんですが、6か月を過ぎると「そろそろ離乳食かな?」と次のことが気になってきますよね。タイミングとしては、個人差があり子どもさんの発育状態にもよるので一概には言えませんが、よだれが多くなったり、大人の食事を見て口をもごもご動かすようになってきたら、離乳所を始める目安と言われています。
保育所では6か月過ぎたら保護者には「重湯の一口から始めてみましょうか?」とおすすめしています。あくまで、初めての食品はご家庭で食べて様子をみていただいておりますが・・・。

画像 2

となっております。
ただ、ご家庭で育っておられる子どもさんは、特に月齢に関係なく進み具合も例えば1歳前後で「ずーっと母乳です」や「お兄ちゃんと同じようなからあげも食べています」など様々なようです。
母乳が良く出て飲んでいるお子さん、ミルクでのお子さん、兄弟がいる子どもさんなど、子どもさんの発育状況だけでなく、家庭環境によっても離乳食の進み具合はまちまちのように思われます。

でも、基本的には、焦らず一つ一つ「おいしい」が味わえるように順序良く進めていくことをお勧めします。保育所が実施している体験保育での食事の場面で「家では全く食べないのに・・・おいしいのかな?」とおっしゃるお母さんがおられます。子どもは正直ですね。
忙しくなかなか別に作ることはむつかしいですが、その日の献立をうまく利用し、ちょっとした工夫をすることでいろいろな食品に触れることができ、それらを食べることの経験がその後の食生活にも大きく影響するように思われます。

色々なところで「食育」を取り上げられていますが、子ども達が様々な味覚を味わって健康に成長していく初めの一歩が離乳食だと思います。焦らず、進めていってくださいね。

 

 中原 とし子(元武庫川女子大学附属保育園園長)