【育児コラム】~オムツはずしのホップ!ステップ!ジャンプ‼~

 

よちよち歩きがかわいくて、離乳食も笑顔でほぼ完食してくれるし・・・。
次に気になること、「そろそろトイレ・トレーニングをはじめないといけないのかな?」ということではありませんか?

ある統計によると下記の通りでした。

トイレ・トレーニング年齢表

この表を見てどう感じますか?

昔は布オムツだったので洗濯も大変で、「早くはずしたい!」と思って早めに頑張るお母さんも多かったように思いますが、今はとても便利で、リーズナブルな紙おむつやパンツがあるので、ゆっくり始める人が多くなっています。
保育所でも、昔に比べてゆっくりの開始になっていますが、だいたい足腰がしっかりして排尿間隔が1時間半位になる1歳半位からおまるに座ることを始めています。

 

では具体的にどのように進めていくのかをお話します
1)オムツ時代が初めの1歩
出来るだけ汚れたらできるだけすぐに取り替えましょう。そして「きれいにしようね」「気持ちよくなったね」と言葉がけも忘れないでね。その「気持ちいい♪」感覚を育てることが大切です。

2)おまるにすわってみましょう。
タイミングは起床後。あとは食事の前後やお風呂のタイミング。
初めは座るだけでOK!タイミングよく出たら「すごい!気持ちいいね」とほめましょう。長く座らせることは厳禁です。

3)トイレに連れて行ってみましょう。
遊び場所にはしないこと、あとはおまると同じです。
ただ【いやいや期】と重なるとむつかしいですね。我が家の2歳半の孫が、今つまずいています。娘にプロでしょ!・・と言われつつ誘っていますが寒くなってきたのでますます「いや・ない」の一言・・・時期は大事ですね。

4)あせらずパンツへ
一定の間隔ででたり、おしっこを知らせたりが目安です。焦らず笑顔で!
失敗して叱ると戻ってしまいますよ!
とてもデリカシイな事なので、兄弟の誕生などで身についた習慣が崩れる時もあります。

5)さいごに
幼稚園入学の3歳児も紙パンツで入園する子どもさんが増えているそうですが、友達がトイレに行き出すのを真似て、スムーズに自立できる子どもさんも多いと聞きます。

 

☆一人一人の自立のタイミングは違います。人と比べないでよく見極めて、
 親も子供も笑顔でトイレ・トレーニングに取り組んでくださいね。

 

 中原 とし子(元武庫川女子大学附属保育園園長)