センターの概要

 文部科学省の平成24年度科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」に『若手女性研究者の自立と国際化を軸とした女性研究者支援のモデル開発』が採択されました。平成24年度から平成26年度までの3年間の補助事業期間を経て、平成27年度からは、学院予算により引き続き事業を進めています。
 この支援事業は、女性研究者がその能力を最大限発揮できるよう、出産・子育て等のライフイベントと研究を両立するための環境整備を行う取り組みを支援することを目的としています。本学では女性研究者支援センターを設立し、男女共同参画推進室の協力のもと、「キャリア支援部門」「国際化支援部門」「調査・広報部門」「関西圏女子大学連携部門」の4部門を柱にして、女性研究者が研究とライフイベント(出産・育児・介護など)の両立に必要な環境整備を行うとともに、統計解析や英語論文、国際学会発表などのスキルを身に付けられるよう「若手女性研究者スタートアップ支援システム」を構築し、支援を行っています。
 「研究支援員制度」や「代替講義制度」を制定し、女性研究者のライフイベントによる離職者数の減少を図るとともに、公募制を推進するなど、女性研究者採用・登用の活性化を図っています。さらに研究者間の情報交換や世代間交流を通じたキャリア支援も行っています。
 また、大学を超えた共同研究の萌芽や研究者間のネットワーク構築を通して、若手女性研究者の早期自立の推進と、国際的に活躍できる女性研究者の育成を目指しています。