ごあいさつ

学長あいさつ

糸魚川 直祐

糸魚川 直祐

 本学における女性研究者支援の取り組みは、これまで文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」に採用されるなど着実に成果をあげ、さらに進展しております。
 女子大学における女性研究者支援には、男女共学大学とは異なる特性があります。わたくしたちはその特性を探り、また男女共学の大学における取り組みとの共通性を視野に入れ、女性研究者への支援を推進しなければなりません。
 そのためには、教育研究面に限らず、男性に比べ女性に対し過度の重荷になっている出産、育児、介護など、ライフイベントに伴う負担の軽減が必須です。
 本学は「女性研究者支援センター」を中心に、学内外の連携をさらに強め、多面的に女性研究者の支援に取り組みます。皆さまの一層のご理解とお力添えをお願いする次第です。

センター長あいさつ

高橋 享子

高橋 享子

 本学は、平成24年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」に採択され、平成27年度までの3年間、広報活動、育児・介護支援、キャリア支援、国際学会への支援やMFWIでのWSU(Washinton State University)との研究者交流会などの取り組みを行ってきました。その結果、文科省より本事業は「A」評価を戴きました。
 平成28年4月1日から女性が、職業生活においてその希望に応じて十分に能力を発揮し活躍できる環境を整備するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されました。301人以上の労働者を雇用する事業主は、①自社の女性の活躍状況の把握・課題分析、②行動計画の策定・届出、③情報公表などを行う必要があります。このような策定のなかで本学では、女性教職員、大学院生の活躍が一層期待されています。
 本センターは、平成28年度より新たに「キャリア支援部門」「国際化支援部門」「調査・広報部門」「関西圏女子大学連携部門」組織に改変し男女共同参画推進室の協力のもと、さらにパワーアップして女性研究者が研究とライフイベント(出産・育児・介護など)の両立に必要な環境整備を行っていきます。本センターの活動にご理解頂きご支援とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。