武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

ニュース・最新情報

学院のニュースや行事予定をお伝えします。
クリックすると、写真は拡大表示されます。

今春の卒業生の就職率は、大学97.5%、短期大学部96.6%で、いずれも前年度を上回りました。高い水準を維持し、“就職に強い大学”の伝統は続いています。[2013/05/14更新]

 平成24年度の本学卒業生(平成25年3月卒業)の就職状況がまとまりました。就職率(対就職希望者)は、大学97.5%(昨年度96.7%)、短期大学部は96.6%(同95.7%)で、いずれも前年度を上回り、“就職に強い大学”であることが裏付けられました。

 対全卒業生(進学者を除く)の就職率でも、大学は85.1%(83.7%)、短期大学部80.8%(71.1%)とアップ。短期大学部は9.7ポイントも上回りました。

 就職情報が集まる本学キャリアセンター=写真=では、キャリアカウンセラー制度を強化し、センターが学生同士や職員と交流できる”サロン”のような空間になるようにリニューアルしました。短期大学部の波及効果が出てきたことについて、キャリアセンターの松本全弘次長は「短大生は大学生と一緒に就職活動をすることで刺激を受け、大きく成長しています」と話しています。

熊本県、大分県を中心とする地震に関する被災学生への特別措置について[2017/03/10更新]

 熊本県、大分県を中心とする一連の地震で被災された方々に、心からお見舞いを申し上げます。
 武庫川女子大学・武庫川女子大学短期大学部では、被災地域出身の学生を対象に次の特別措置を実施します。
 該当される方は学生部学生課0798-45-3526へご相談ください。

1 学費減免制度
 災害救助法の適用地域又は激甚災害指定地域に、学費負担者が居住する家屋のある以下のいずれかの要件に該当する方。
@ 学費負担者が災害に起因する事由で死亡
A 家屋が全壊、焼失、流出(半壊であっても修理不可能で取毀すものも含む)
B 学費負担者が災害に起因する事由で負傷し、入院・長期療養(入院・長期療養の期間は、見込みも含めおおよそ6か月を超えるものとする)
C 居住する家屋が半壊
●減免額
  ・上記要件@Aについては前期学費の全額
  ・上記要件BCについては前期学費の半額
  ・新入生は入学金全額(平成29年度入学まで)
     ※注 学費とは、授業料、教育充実費、学生研修費、実験実習費をいう。入学検定料は含まれない。

2 見舞金制度(新入学生を除く)
  自宅が全壊・全焼・流出した方を対象に20,000円、半壊した方を対象に10,000円を給付します。

武庫川学院が「男女共同参画推進宣言」を制定しました。[2013/12/02更新]

 本学院は2013年12月1日、「武庫川学院 男女共同参画推進宣言」を制定しました。
 ※宣言文は、右のPDFをクリックしてご覧ください。

 宣言は、男女共同参画社会の実現は21世紀の日本の最重要課題だとしたうえで、本学院は立学の精神のもとで、人・家庭・社会に貢献できる女性を育成してきたことや教育推進宣言をしたことを説明。次代を担う女性の育成を通して、率先して男女共同参画を推進することを宣言しています。

 社会のあらゆる分野に女性の参画が増加しているものの、本学においても教授のような役職に就く女性教員、管理職に就く女性職員は少ないのが現状です。そうした課題を踏まえ、武庫川女子大学では本格的な男女共同参画のアクションとして2013年4月に「男女共同参画推進室」を設置しました。2012年度に設置された「女性研究者支援センター」との連携をはかりながら、組織としてのバックアップ体制強化を進めています。

 12月12日、男女共同参画室がホームページを開設しました。こちらをご覧ください。

教員採用数や資格試験の合格者数は全国トップクラスで、“就職と資格に強い大学”であることが今年も裏付けられました ! 『2014年版大学ランキング』の約30項目で、本学は上位にランクイン。[2013/04/27更新]

 全国756大学を教育、研究、入試、就職などさまざまな観点からランク付けする大学評価雑誌『大学ランキング』(朝日新聞出版)の2014年版が4月17日に発行され、武庫川女子大学は約30項目でランクインし、2013年版に引き続いて高い評価を受けました。教員・保育士採用人数や管理栄養士国家試験の合格者数は全国トップクラスで、“就職と資格に強い大学”であることが今年も裏付けられました。ランクインした主な項目は下記の通りです。

資格と就職に強い武庫川 !
 管理栄養士国家試験合格者数(200人)は全国3位、小学校教員採用数(162人)は同8位、幼稚園教員採用数(58人)は同6位、保育士採用数(54人)は同16位でした。そのほか、中学・高校教員、社会福祉士、キャビンアテンダントなどの合格・採用者数でも上位にランクインしました。

女子大ランキングではいずれも上位に―小学校の教員数は断然トップ !
 女子大のみを対象としたランキングでは、今年も多くの項目で全国トップクラスにランクされました。小学校教員への就職者数(162人)は1位で、2位には50人以上の差をつけました。中学校教員就職者数(42人)も1位でした。
 学生数(8482人)は前年に引き続いて1位。社会福祉士合格者数(27人)は4位、一般入試志願者倍率(11.5倍)は2位、といずれも昨年より順位をあげています。教員1人あたりの外部資金獲得額(37万5977円)、教員1人あたりの科学研究費補助金額(48万6009円)はいずれも6位でした。
 ※『大学ランキング』には掲載されていませんが、科学研究費補助金額の総額では、本学は同5位でした。

退学者が極めて少ない大学 !
 全国の一定規模以上の私立大学278校の退学率が掲載されています。学生の満足度が高いほど、退学率は低くなる―と言われています。本学の退学率は、わずか1%で、私大278校中19番目に低い数値でした。2〜4%の大学が多い中で、本学の退学者は極めて少ないことが浮き彫りになりました。

卒業生や事務職員も活躍
 従業員10人以上の会社の女性社長の数(23人)は調査したすべての大学の中で21位、同窓会員数(17万1968人)は20位でした。また、就職支援部門の職員数(21人)は13位と、就職に強い理由がサポート体制の充実にあることを裏付けています。

計画停電が実施された場合の対応について[2012/07/25更新]

平成24年7月25日

学生・教職員の皆さまへ

計画停電が実施された場合の対応について

施設部、教務部


 関西電力は今夏、電力供給が追いつかない際は、計画停電を実施することにし、その期間、時間帯、エリアを発表しています。
 本学の計画停電実施のグループは「4-A」「2-C」です。本学では、計画停電が実施された場合、以下の通り対応します。ご理解・ご協力をお願いします。

1、計画停電スケジュール及びグループ
  ●7月2日(月)〜9月7日(金)までの8:30〜21:00(土・日・祝および8月13日〜15日を除く)
  ●本学の計画停電グループ
    中央・浜甲子園キャンパス:4-Aグループ
    上甲子園キャンパス:2-Cグループ

2、計画停電実施の確認方法
  ●関西電力のホームページアドレス(http://www.kepco.co.jp/) トップページにて告知
  ●関西電力の専用電話窓口(0120-911-777)

3、授業・試験の対応
  ●授業 : 原則として実施します。停電により実験器具などが使用できず、授業が困難な場合は休講となる場合があります。
  ●定期試験 : 時間割が変更になる場合がありますので各自、学内掲示やinfo@MUSESを確認してください。

4、施設・設備関係の対応
  ●全面的に使用不可能になる設備 : エレベーター、エアコン、照明、自動ドア、MIC対応門、カードキー
  ●一部を除き、使用不可能になる設備 : 水道、電話。※トイレのご使用はお控えください。

5、問い合わせ先
  ●設備等に関する問い合わせ : 設備課(0798-45-3520)
  ●授業等に関する問い合わせ : 教務課(0798-45-3598)
※停電中は緊急連絡以外の使用を控えてください。

以上


   

学生の皆さんへ 大地震と津波に備えて[2011/08/09更新]

学生の皆さんへ

 平成23年3月11日に東日本大震災が発生しました。政府の地震調査研究推進本部によりますと、今後30年以内に、東海、南海、東南海地震が発生する確率は60%以上と高く、同時発生すれば巨大な地震となり、西日本でも甚大な被害が出ると危ぶまれています。

 本学院は、阪神・淡路大震災が1995年に発生してから、校舎の耐震工事を積極的に進めていますが、日ごろからの心構えや備えがあれば、大地震が発生しても災害を最小限に食い止めることができます。学生の皆さんは、以下のことを十分に理解し、いざという場合には<自分の命を守る>ために、冷静に行動しましょう。

 大地震と津波に備えての諸注意は、こちらをクリックして、ご覧ください。

平成23年7月
 

武庫川学院長

武庫川女子大学、武庫川女子大学短期大学部 学長

教員採用数や資格試験の合格者数は全国トップクラス! 退学者の割合は全国の私立大で最小! 『2012年版大学ランキング』の約40項目で、本学は上位にランクされました。[2011/04/12更新]

 全国750大学を教育、研究、入試、就職などさまざまな観点からランク付けする大学評価雑誌『大学ランキング』(朝日新聞出版)の2012年版が4月12日に発行され、武庫川女子大学は約40の項目でランクインするなど、2011年版に引き続いて高い評価を受けました。教員・保育士採用人数や管理栄養士国家試験の合格者数は全国トップクラスでした。ランクインした主な項目を下記に紹介します。

退学者が極めて少ない大学!
 2012年版の特集項目の一つは「大学の情報公開」。初めて設けられた「退学率」の項目には、全国の一定規模以上の国公私立大学210校の退学率が掲載されています。学生の満足度が高いほど、退学率は低くなる―と言われています。
 本学の退学率は、全国の私立大学の中で最も低い0.7%。国公立大学を含めても、東京工業大学、一橋大学に続いて3番目に低い数値でした。2〜4%の大学が多い中で、本学の退学者は極めて少ないことが浮き彫りになりました。

就職と資格に強い武庫川!
 管理栄養士国家試験合格者数(197人)は3位、小学校教員採用数(138人)は9位でした。そのほか、幼稚園教員、保育士、中学・高校教員、社会福祉士、精神保健福祉士、キャビンアテンダントなどの合格・採用者数でもランクインしました。“就職と資格に強い大学”であることが、今年も裏付けられました。

女子大ランキングではいずれも上位に―小・中・高校の教員数は断然トップ!
 女子大のみを対象としたランキングでは、今年も多くの項目で全国トップクラスにランクされました。小・中学校、高校教員への就職者数(199人)は、2位の京都女子大学に60人以上の差をつけ、前年に引き続いて全国女子大で1位。学生数(8404人)も1位でした。警察官就職者数(4人)は2位。一般入試の志願者倍率(11.6倍)は5位、幼稚園教諭、保育士就職者数(95人)は6位、教員1人あたりの外部資金獲得額(44万2626円)は6位、教員1人あたりの科学研究費補助金額(35万6274円)は9位でした。

入試志願者数、実質倍率でも全国上位に!
 推薦入試志願者の増加数(962人)は10位で、文学部の一般入試実質倍率(4.9倍)は18位でした。本学は、受験生から極めて高く評価されていることを物語っています。

事務職員力を調べる項目で初のランクイン!
 「大学ランキング」では2010年版から「事務職員力」を調査。今年も全国731大学の事務局長からの回答を基に、事務職員の力をランキングにしました。これまで本学はランク外でしたが、今年は「進路・キャリア教育」「財務管理・資産運用」「入試・広報」の項目でランクインし、総合では女子大の中でトップ、すべての大学を含むと32位になりました。

卒業式の動画を公開しました !「自立した女性とは他の人に役立つために自分のあり方を考え、行動している人です」。大学・短大の卒業式で、糸魚川学長が卒業生2657人に向けて式辞を述べました。[2017/03/24更新]

 武庫川女子大学、武庫川女子大学短期大学部の2016年度卒業式が3月19日、20日に公江記念講堂で行われ、大学・短大あわせて 2657人に卒業証書・学位記が授与されました=写真左=。
 卒業式の動画はこちら

「自立した女性とはほかの人に役立つために自分のあり方を自ら考え、行動している人です」と学長が式辞
 式では、糸魚川学長が各学科の総代一人ひとりに「おめでとう」と声を掛けながら卒業証書・学位記を手渡しました。
 糸魚川学長は式辞の中で「今日巣立っていく皆さんは、自立とは何かを真剣に考えておられるに違いありません。自立している人は、他の人に役立つために、自分のあり方を自ら考え、行動している人です」と話しました。
 社会で活躍する3人の卒業生を紹介し、「皆さんが武庫川女子短期大学部で学んだことを誇りとし、今日、自立した女性として社会に巣立っていくことを喜んでおられます」と先輩の思いを伝えました。
 最後に「明日からは、世の中はあなた方を社会的に独り立ちした人とみなします。新たな試練に立ち向かい、つらいこともあるでしょうが、いつでも母校を訪ねてください。苦難も喜びも分かち合いましょう。苦難は皆で担うと軽くなり、喜びは倍増します」とエールを送りました。

「自らがそれぞれの未来を切り開いて参ります」と卒業生代表が答辞
 20日午前の文学部、健康・スポーツ科学部の式では、卒業生代表の乾裕希さん(教育学科4年)が、「ここで得た知識や経験を人生の糧とし、胸を張って歩んでいきたい」と答辞を述べました=写真中=。
 午後の生活環境学部、音楽学部、薬学部の式では、在学生代表の山中美智さん(応用音楽学科3年)が送辞を述べ、卒業生代表の皆木真央さん(生活環境学科4年)が4年間を振り返り「時には壁にぶつかることもありましたが、少しづつ成長を感じられる瞬間がありました。大学で学んだことを活かして、社会に貢献していくという自覚を持ち務めを果たさなければなりません。自らがそれぞれの未来を切り開いて参ります」と力強く答辞を述べました。 

 19日の式後には、中央図書館の前で、記念の植樹が行われソメイヨシノが植えられました=写真右=。
 正門前や中庭では、同級生や家族らと記念写真を撮るなどして、名残を惜しむ姿が見られました。

 本年度の学位授与者数は以下の通りです。
〇文学部 911人
○健康・スポーツ科学部 186人
〇生活環境学部 565人
〇音楽学部 36人
〇薬学部 206人
○短期大学部 753人

平成28年度情報SAとして授業の学習支援に寄与した学生が学長表彰されました。[2017/03/22更新]

 平成28年度に情報SA(スチューデント・アシスタント)として授業での学習支援に寄与した学生6人(日本語日本文学科4年・二宮葵さん、青戸美紗さん、同学科2年・松波侑以子さん、情報メディア学科4年・岩橋加那子さん、小山恵里佳さん、同学科3年・増田桃子さん)が、3月18日午後、学長表彰されました=写真=。

 情報SAは、共通教育科目の情報リテラシー科目の授業に入り、受講している学生の学習を支援するとともに、受講学生からの目線で授業の感想などを担当教員と意見交換することで、授業改善に寄与してきました。

 公江記念講堂地下第一会議室で行われた表彰式では、糸魚川学長は「学生が授業に参加して、学生同志で教えあう学習支援をボランティアで取り組み、授業改善に努めるのは、大変うれしく、また感謝もしています」と話し、学生らに表彰状を手渡しました。

 表彰を受けた学生は、「情報SA活動を通して自分自身も成長することができました。評価していただき、表彰を受けることができ大変うれしいです」という喜びの言葉や、「就職活動や今後の仕事に情報SAの経験を生かしていきたいと思います」などの感想を述べました。

大学院の学位記、専攻科の修了証書授与式が行われ、看護学研究科の1期生14人に学位記が授与されました。[2017/03/19更新]

 武庫川女子大学大学院・専攻科の学位記・修了証書授与式が3月19日午後、中央キャンパスで行われました。糸魚川直祐学長から、大学院116人に学位記、専攻科4人に修了証書が授与されました。

 看護学研究科では初の修了生が誕生し、修士課程を修めた1期生14人に学位記が授与されました=写真=。

 本年度の学位記・修了証書授与者数は以下の通りです。
大学院(博士)
○英語英米文学専攻   1人
○臨床教育学専攻    4人
○食物栄養学専攻    2人
○薬学専攻         1人
大学院(修士)
○日本語日本文学専攻  2人
○英語英米文学専攻    5人
○教育学専攻        3人
○臨床心理学専攻     16人
○臨床教育学専攻     17人
○健康・スポーツ科学専攻 11人
○食物栄養学専攻     11人
○生活環境学専攻     4人
○建築学専攻        14人
○薬科学専攻        11人
○看護学専攻        14人
音楽専攻科
○声楽専攻         2人
○器楽専攻         2人

建築学専攻の大学院生が設計に関わった、阪神電鉄「鳴尾駅」の高架切替記念式典が行われました。[2017/03/18更新]

 3月18日、阪神電鉄「鳴尾駅」付近の高架工事が完了し、始発から上下線ともに高架駅での乗降が始まりました=写真右=。これに伴い鳴尾駅で記念式典が行われ、大河原量学院長、糸魚川直祐学長など本学関係者が出席。会場には設計に参画した生活環境学研究科 建築学専攻の大学院生の、設計過程のパネルと建築模型が展示されました=写真中=。

 高架となったホームで出発式が行われた後、高架下に残ったホームを舞台に式典が行われました。始めに荒木一聡兵庫県副知事が事業主体として「地元の人たちの協力をいただいて工事が完了しました。外装デザインは武庫川女子大学の建築学専攻の学生に提案をいただき、鳴尾浜にちなんで帆掛け舟が帆を張る姿となりました。鳴尾地区がさらに魅力的な街として発展していくことを期待します」と挨拶しました。
 来賓の挨拶の後、武庫川女子大学附属中学校コーラス部の3年生 27人が登場し「毎日使わせていただいている鳴尾駅の記念式典で歌えることを、とてもうれしく思います。おめでとうございます」とお祝いの合唱を披露しました。『花』『さくらさくら』に続いて、鳴尾と西宮が歌われている『鉄道唱歌 6番、7番』を歌い、最後に合唱コンクールで金賞を受賞したミサ曲を披露し会場を盛り上げました=写真左=。
 閉会にあたり今村岳司市長は「活力のある地域作りを進めなければなりません。いっそうの協力と支援をお願いしたい」と呼びかけました。

生活環境学科・生活造形学科の学生39人が、春季ヨーロッパ研修を経験しました。[2017/03/17更新]

 3月7日から16日にかけて『生活環境学科・生活造形学科春季ヨーロッパ研修』を実施、学生39人がフィンランド・スペイン・オーストリアを巡り、美術館や建築物を見学し、現地の大学を訪れました。

 到着から4日間はヘルシンキに滞在し、マリメッコのデザイナーからレクチャーを受けたり、ラハティ応用科学大学デザイン学部を訪問してデザイン学部の学生と交流したりしました=写真左=。スペインの滞在では、サグラダ・ファミリア教会をはじめとしたガウディ建築を見学=写真中=。また、バルセロナホームビジットでスペインの一般家庭を訪問し、地元の生活ぶりを直接見聞きすることができました。
 最後の訪問地、オーストリアのウィーンではシェーンブルン宮殿、シシィ・ミュージアム、シュテファン寺院=写真右=、オペラ座などを見学し、ヨーロッパの歴史と文化に触れることができました。
 充実した10日間を過ごした学生たちは、16日の朝、無事関西国際空港に到着しました。
 

教育・研究活動に関する大学院生の意見交換会が開催されました。[2017/03/17更新]

 糸魚川学長を交えた大学院生意見交換会が3月11日、中央キャンパスで開催されました=写真=。

 大学院生が自己紹介とポスターによる各自の研究活動の紹介を行いました。その後、専攻を超えた学生がグループで集まり、大学院での教育・研究活動についての意見交換を行いました。

 意見交換では、論文作成支援の充実、学費・研究費用の助成に対する要望や提案が出ました。これらの提案・要望は今後の大学院FDの検討事項として活用されます。糸魚川学長は「大学院の教育・研究活動がさらに活性化されるよう改善を進めていきます」と話しました。

体育・文化活動において、全国・世界級の大会で活躍した学生4団体と23人に「大河原学院長賞」、西日本・関西級の大会で活躍した学生10人に「学生部長賞」が贈呈されました。[2017/03/16更新]

 体育活動や文化活動の課外活動で、全国・世界級の大会において優秀な成績を収めた学生をたたえる「大河原学院長賞」の受賞式が3月15日午後、中央キャンパスで行われ、4団体と23人に大河原量学院長から褒賞状と褒賞金が贈られました=写真=。大河原学院長は「皆さん、おめでとうございます。これからもいっそう精進して、さらなる高みをめざして頑張ってください。世界での活躍も夢ではないと期待しています」と励ましました。

 受賞者を代表して、カヌー部主将の松永あゆりさん(健康・スポーツ科学科3年)が「様々なサポートと恵まれた環境で全日本学生カヌースプリント選手権大会5連覇を達成することができました。これからも武庫女魂で一瞬々々を頑張っていきます」と話しました。

 また、西日本・関西級の大会において優秀な成績を収めた学生をたたえる「学生部長賞」の授賞式が同日午前、行われました。

 受賞団体・ 個人は以下の通りです。
【大河原学院長賞】
団体
〇カヌー部[全日本学生カヌースプリント選手権大会 女子総合 第1位]
〇新体操部[全日本新体操選手権大会 女子団体種目別リボン5 第2位]
〇タッチフットボール部[タッチフットボール大学女子東西王座決定戦プリンセスボウル 第2位]
○体操部[全日本学生体操競技選手権大会 女子団体総合 第3位]

個人
書道部
〇片岡 華奈(日本語日本文学科3年)[ 全日本高校大学生書道展 調和体部 書道展賞]
〇笹井 祐里(日本語日本文学科2年)[ 全日本高校大学生書道展 漢字部 優秀賞]
カヌー部
〇薦田 遥(健康・スポーツ科学科2年)[カヌーマラソン世界選手権大会 WK-2 26.1q 出場]
〇森山 萌(健康・スポーツ科学科2年)[ カヌーマラソン世界選手権大会 WK-2 26.1q 出場]
〇原 綾海(健康・スポーツ科学科1年)[全日本学生カヌースプリント選手権大会 WK-1 500m 第2位]
〇森山 和佳奈(健康・スポーツ科学科1年)[全日本学生カヌースプリント選手権大会 WK-2 200m 第3位]
〇安河内 麻子(健康・スポーツ科学科3年)[全日本学生カヌースプリント選手権大会 WC-2 500m 第2位]
〇武田 咲(健康・スポーツ科学科3年)[ 全日本学生カヌー長距離選手権大会 WK-1 10000m 第1位]
〇寺本 ななみ(健康・スポーツ科学科3年)[ 全日本学生カヌー長距離選手権大会 WK-1 10000m 第3位]
〇柘植 み奈(健康・スポーツ科学科3年)[日本カヌースプリント選手権大会 WK-2 500m 第2位]
〇大國 遥夏(健康・スポーツ科学科3年)[日本カヌースプリント選手権大会 WC-2 500m 第3位]
水泳部
〇太田有美(健康・スポーツ科学科2年)[日本シンクロチャレンジカップ ハイライトルーティン 第1位]
体操部
〇山口 比奈子(健康・スポーツ科学科3年)[いわて国体【愛知県代表】 成年女子 団体総合 第1位]
〇丸山 珠代(健康・スポーツ科学科4年)[いわて国体【愛知県代表】 成年女子 団体総合 第1位]
〇本田 美波(健康・スポーツ科学科1年)[全日本学生体操競技選手権大会 女子個人総合 第2位]
〇金田 明里(健康・スポーツ科学科2年)[全日本学生体操競技選手権大会 女子種目別 段違い平行棒 第1位]
バスケットボール部
〇段下 真衣 (健康・スポーツ科学科4年)[日本女子学生選抜バスケットボール大会 第1位]
陸上競技部
〇西村 莉子(大学院健康・スポーツ科学専攻1年)[日本学生陸上競技対校選手権大会 女子7種競技 第3位]
〇秦 澄美鈴 (健康・スポーツ科学科2年)[日本学生陸上競技対校選手権大会 女子走高跳 第2位]
クラブ活動以外
〇白井 美羽(英語文化学科3年)[香港杯全日本大学学生大使英語プログラム2016-2017 第2位]
〇中島 帆波(健康・スポーツ科学科2年)[Miyazaki ITU Triathlon World Cup 出場]
〇中西 史(演奏学科4年)[東京国際声楽コンクール 声楽 大学生部門 第1位]
〇松原 志歩(健康・スポーツ学科1年)[FIFA U-20 Women’s World Cup Papua New Guniea 2016 出場]

                                   ◇
【学生部長賞】

個人
競技スキー部
〇川合麻梨紗(健康・スポーツ科学科2年)[全関西学生スキー選手権大会 女子 回転 第1位]
新体操部
〇水戸部 杏侑(健康・スポーツ科学科4年)[関西学生体操選手権大会 新体操の部 種目別 クラブ 第1位]
水泳部
〇仲野 優女(健康・スポーツ科学科2年)[ 関西学生チャンピオンシップ水泳競技大会 100m背泳ぎ 第1位]
〇鎌田 憂希(健康・スポーツ科学科4年)[関西学生選手権水泳競技選手権大会 100m背泳ぎ 第1位]
〇久保田 侑子(健康・スポーツ科学科4年)[関西学生選手権水泳競技選手権大会 800mリレー 第1位]
〇西川 春菜(健康・スポーツ科学科4年)[関西学生選手権水泳競技選手権大会 800mリレー 第1位]
〇濱田 純(健康・スポーツ科学科4年)[関西学生選手権水泳競技選手権大会 800mリレー 第1位]
陸上競技部
〇山本 菜月(健康・スポーツ科学科1年)[関西学生陸上競技種目別選手権大会 3000m障害 第1位]
〇上野 萌々子(健康・スポーツ科学科3年)[関西学生陸上競技種目別選手権大会 5000m競歩 第1位]
〇内海 紗希(健康・スポーツ科学科3年)[関西学生陸上競技対校選手権大会 女子10000m競歩 第1位]

武庫女×阪急阪神ホテルズ「新メニューコラボ」。メニューは3月15日から、3ホテルのビュッフェレストランで提供します。[2017/03/15更新]

 
 阪急阪神ホテルズ(大阪市北区)と武庫川女子大学食物栄養学科の学生が共同で進めてきたホテルのレストランで提供する新メニューが完成し、同ホテルグループ3ホテルのビュッフェレストラン(大阪新阪急ホテル「オリンピア」、ホテル阪神「ネン」、ホテル阪急インターナショナル「ナイト&デイ」)で、3月15日から始まったフェア「食べて元気に 春の新生活応援メニュー」で提供されます。

 メニューは、学生が提案した約100種類のレシピの中から、下記の計16種類のメニューを商品化しました。提案した学生は以下のみなさんです。

大阪新阪急ホテル「オリンピア」(8種類)
 ▽雑穀おこげと鰹の中華風和え(山下沙織さん・3年)
 ▽ひとくち春おでん(辻本恵理さん・1年、下阪紗弓さん・1年、中川万里香さん・1年、三原彩矢香さん・1年、米田涼乃さん・1年)
 ▽鶏肉と野菜の生春巻き(野山千聡さん・3年)
 ▽にわとりさんのスコップコロッケ(岩築沙依亜さん・3年)
 ▽包まない!? ロールキャベツ(森野礼美さん・3年)
 ▽春色カップ寿司(和田真紀さん・3年)
 ▽くまさん春ですよ(田添英里さん・3年)
 ▽コスメケーキ(宗本侑子さん・3年)

ホテル阪神「ネン」(4種類)
 ▽いちごソースの豚肉ステーキ▽小松菜の豆乳スープ(岸本麻理恵さん・3年)
 ▽サラダタルト(荒木理菜さん・3年)
 ▽イースターうさぎのキャロットムース(森野礼美さん・3年)

ホテル阪急インターナショナル「ナイト&デイ」(4種類)
 ▽春野菜の豆乳キッシュ(薮田愛乃さん・3年)
 ▽春野菜スープ(岩築沙依亜さん・3年)
 ▽デザートピザ(船橋花帆さん・3年)
 ▽桜パウンドケーキ(甲田友子さん・3年)

 新メニューのメディア招待会が開催されました。
 フェア開始を前に阪急阪神ホテルズは3月13日、新メニューを紹介するメディア招待会を大阪新阪急ホテルで開催し、学生らがそれぞれ提案したメニューの説明をしたり、メディア各社からの質問を受けたりしました=写真。
 メディア招待会で、北山良平・阪急阪神ホテルズ近畿圏事業本部総料理長は「デザイン性が非常に高いメニューを考えていただいた。今回採用できなかったアイディアも含め、今後のメニュー作りの参考にしていきたい」、岡井紀代香・武庫川女子大学食物栄養学科教授は「学生たちからは、斬新なアイディアが出てきました。さらに、同じ料理は一つもありませんでした。学生の力を再認識しました。それをホテルのシェフやパティシエの方々に忠実に再現をしていただきました」と話しました。

 フェアは、各ホテルとも4月16日までです。メニューや商品開発の詳細は、武庫川女子大学通信「リビエール」38号阪急阪神ホテルズ×武庫川女子大学ホテルビュッフェコレクションをご覧ください。

▲ページトップへ