武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

ニュース・最新情報

学院のニュースや行事予定をお伝えします。
クリックすると、写真は拡大表示されます。

日本語日本文学科の学生がアメリカの大学生とSkypeで日本語交流会をしました。[2015/03/17更新]

 本学の大学院文学研究科日本文学専攻修士1年の井上真梨奈さんが、1月23日から8週間の予定で、米国・ワシントン州スポケーン市にある本学協定校のSFCC(Spokane Falls Community College)で日本語教育実習を行っています。実習も終盤となった3月17日、本学中央図書館の「多文化コミュニティ室」で、Skype(インターネット電話サービス)を利用し、現地大学生と本学の日本語日本文学科学生が、日本語による交流会を開きました。
 スポケーン市と本学では、17時間の時差がありますが、SFCCの学生5人と本学の学生5人(2〜4年生の有志)が、楽しい1時間を過ごしました。SFCCの学生は、日本語の学習歴は1年程度ということで、インターネット・テレビ電話のカメラの前では少し緊張気味。しかし、「好きなたべもの」「好きな音楽」などの話題になると、雰囲気もぐっと和やかになり、その後は双方から質問が飛び交うなど盛り上がりました。参加者の一人は、日本語の歌も披露してくれました。
 日本語日本文学科には日本語教員養成プログラムがあり、これまで世界各国の日本語学習者の方々との交流会を開いてきましたが、Skypeによる交流は今回が初めて。今後は、実習先の学生たちを中心に、さらに活動を深めていきたいと思います。

 日本語日本文学科のホームページへ

(日本語日本文学科 教授:上田和子)

鳴松会の沖縄支部長らが、沖縄戦の女子生徒看護隊「白梅隊」の生還者と交流。語り伝える70年前に聞き入る(心理・社会福祉学科2年 多鹿春菜、辻岡せれな)[2015/03/09更新]

 武庫川学院の同窓会、「鳴松会」沖縄支部(100人)の支部長、知念ヨシ子さん(1962年、短大教育学科卒)らが3月7日、沖縄県立第二高等女学校の女子学徒看護隊「白梅隊」の生還者たちと交流、生還者が語る70年前に聞き入り、戦場に散った少女たちに思いをはせた=写真(前列の右側が生還者の人たち、前列左側は知念支部長)。支部では、戦後70年の今年、沖縄戦の悲劇を共有し、白梅同窓会を支えるために、どのような活動ができるのかを検討する。

 知念さんと目瀬佳子さん(1979年、短大家政学科卒)が那覇市内で開かれた「白梅同窓会」の集いに参加した。きっかけは、共通教育で「戦争と女性」という授業を通じて、白梅隊の悲劇を伝えている河内鏡太郎教授が、多鹿春菜、辻岡せれなとともに、この集いに加わることになったことだ。河内教授は、読売新聞社会部記者だった1980 年、本土の新聞として、初めて白梅の戦いを同新聞に連載した。

 白梅隊員として修羅の戦場を体験した白梅同窓会の中山きく会長が「わたしたちのことを最初に紹介してくれた河内先生は恩人です。そのご縁で、武庫川学院の同窓会のみなさん がきてくださり、とてもうれしい」と話した。会員は85歳を超え、会合への出席者も年々、減っている。

 白梅隊には56人が参加し22人がなくなった。「ひめゆり学徒隊」を含め全県で九つの高等女学校の生徒たちが動員され、多くの犠牲者か出た。15歳前後の少女たちが「兵士」として、傷病兵たちの看護にあたったが、砲撃や火炎放射など、つきつぎと亡くなった。

 知念支部長も二人の兄を沖縄戦で失い、家族が暮らしていたあたりには今も立ち入れない。戦争はかたときも忘れたことはなく、年齢と闘いながら白梅の人が語り伝える行動を続けていることに感銘、涙をにじませ、協力したいと伝えた。わたしたちも、授業では感じられない、生き残った人たちしか語れない強烈な青春の日々に触れ、息を飲んだ。
(多鹿春菜、辻岡せれな)

優秀な体育活動を顕彰する「西宮市民体育賞・くすのき」を本学の学生18人が受賞しました。[2015/02/24更新]

 平成26年度の西宮市民体育賞「くすのき」に本学学生18人が選ばれました。この賞は、体育活動において優秀な成績をあげた個人・団体や、西宮市のスポーツの振興と市民体育の向上で功績のあった個人・団体に西宮市が贈る賞です。

 本学からは、カヌー部、水泳部、陸上競技部、ウインドサーフィン同好会の学生が「個人の部」に選ばれ、受賞しました。表彰式は2月24日午後に西宮市役所で行われ、受賞者を代表して、カヌー部・岩井美穂子さん(健康・スポーツ科学科4年)、水泳部・鎌田憂希さん(健康・スポーツ科学科2年)、陸上競技部・藤原未来さん(健康・スポーツ科学科4年)、ウインドサーフィン同好会・原百花さん(健康・スポーツ科学科1年)の4人が出席しました。

本学学生の受賞者は次の通りです。
○学生連盟主催の全国大会に出場して、6位以内に入賞<大学推薦>
【カヌー部】
大國 遥夏 (健康・スポーツ科学科1年)
奥新 由惟 (健康・スポーツ科学科1年)
篠宮 千怜 (健康・スポーツ科学科1年)
武田 咲 (健康・スポーツ科学科1年)
柘植 み奈 (健康・スポーツ科学科1年)
寺本 ななみ (健康・スポーツ科学科1年)
松下 七彩 (健康・スポーツ科学科1年)
松永 あゆり (健康・スポーツ科学科1年)
安河内 麻子 (健康・スポーツ科学科1年)
楠原 恵美子 (健康・スポーツ科学科2年)
内田 成美 (健康・スポーツ科学科3年)
竹本 智春 (健康・スポーツ科学科3年)
信國 佐代子 (健康・スポーツ科学科3年)
岩井 美穂子 (健康・スポーツ科学科4年)
早川 裕子 (健康・スポーツ科学科4年)
【水泳部】
鎌田 憂希 (健康・スポーツ科学科2年)
【陸上競技部】
藤原 未来 (健康・スポーツ科学科4年)
【ウインドサーフィン同好会】
原 百花 (健康・スポーツ科学科1年)
    

「『伝えよう! 地球温暖化』プロジェクトフォーラム2015」が開催され、地球温暖化のしくみや食分野への影響、食育指導の中で環境問題を扱う意義などについて考えました。[2015/02/22更新]

 「『伝えよう! 地球温暖化』プロジェクトフォーラム2015」(主催:読売新聞社、特別協力:環境省、協力:武庫川女子大学)が2月22日午後、本学中央キャンパスメディアホールで開催されました=写真右=。

 テーマは「子どもたちに伝えよう! 地球温暖化と食」。地球温暖化のしくみや食分野への影響、食育指導の中で環境問題を扱う意義や、今から取り組める温暖化対策について考えました。

 公益社団法人全国学校栄養士協議会・名誉会長の田中信さんが「地球を守る教育の出発点」と題して特別講演しました。続いて、気象予報士の久保智子さんと料理研究家の安井レイコさんが映像を使って、「私たちの暮らしと地球温暖化」について講義しました、事例報告では大阪ガス・リビング事業部の吉田聡さんがエコ・クッキングを紹介しました。

 トークセッション「子どもたちに伝えよう! 地球温暖化と食」では、本学食物栄養学科の高橋享子教授=写真左=、料理研究家の白井操さん、芦屋市立精道小学校栄養教諭の奥瑞恵さん、久保さん、安井さんが登壇。@なぜ、食育の中で地球温暖化を教える必要があるのかA食育の中で地球温暖化をどのように伝えていけばいいのかB地球温暖化を伝えることで、何が変わるのかについて、それぞれの立場から説明しました。高橋教授は「食育の中で『食と環境』について考えることは一つのテーマです」「食育は子どもたちだけでなく、すべての世代に必要なことが分かりました」と話しました。

 「伝えよう!地球温暖化」プロジェクトフォーラム2015

「第4回武庫女ビブリオバトル」が催され、6人の学生たちが書評合戦を展開しました。[2015/02/21更新]

 学生による知的書評合戦「第4回武庫女ビブリオバトル」が2月21日午後、中央図書館2階のグローバル・スタジオで開催され、6人の学生が書評合戦を展開しました。審査員として糸魚川直祐学長、河内鏡太郎附属図書館長、藤原邦彦附属中学校・高等学校長、日本語日本文学科 山本欣司教授をはじめ、学生、教職員約50人が集まり、出場者のプレゼンテーションに見入りました=写真右=。

 この武庫女ビブリオバトルは、2011年度から始まった本学の読書活動プロジェクト「Lavyの扉」の一環として開催されています。参加者6人が10分の間に、各自が選んだ女流作家の本を紹介。パワーポイントを使ったり、作品の一節を朗読したり、各自が工夫を凝らしてお勧めの1冊を思いを込めて紹介し、会場からは大きな拍手が送られました。
 
 最後に聴衆が挙手し、最優秀賞1組、優秀賞2組が選ばれました。

 最優秀賞には、瀬尾まいこの『図書館の神様』を取り上げた鬼防理子さん(附属高校2年)=写真左=が選ばれました。鬼防さんは「好きな本なので、今回の紹介でみなさんに楽しそうだなと思ってもらえたらうれしいです。参加してとても楽しかったです」と話しました。
 優秀賞は下田麻実さん(日本語日本文学科3年)小野不由美『月の影 影の海』、山本千鶴さん(食物栄養学科4年)安澄加奈『はるか遠く、彼方の君へ』が選ばれました。

★発表者/エントリー作品(発表順)=写真中の左から順★
1.山本千鶴さん(食物栄養学科4年)/安澄加奈『はるか遠く、彼方の君へ』
2.鬼防理子さん(附属高校2年)/瀬尾まいこ『図書館の神様』
3.妹尾恵里さん(日本語日本文学科4年)/加納朋子『魔法飛行』
4.杉山弥生さん(日本語日本文学科4年)/恩田陸『麦の海に沈む果実』
5.山村瑠美さん(日本語日本文学科3年)/彩瀬まる『神様のケーキを頬ばるまで』
6.下田麻実さん(日本語日本文学科3年)/小野不由美『月の影 影の海』

生活環境学科の学生3人が、学科の試験対策講座を活用して難関の二級建築士試験に合格しました。[2015/02/18更新]

 生活環境学科4年の岡本安優美さん、3年の青木望さん、石原奈実さん=写真左から=の3人が二級建築士試験に合格しました。いずれも、本学短期大学部生活造形学科から大学生活環境学科3年次に編入した学生です。短大で取得した受験資格を生かしての合格です。

 3人は、学科で開講されている対策講座を受講しながら7月2日の学科試験挑戦し、、夏休み期間に集中して製図の試験対策に取り組み、9月14日に行われた2次の設計製図試験を受験し、12月4日に合格しました。
 岡本さんは4月から設計事務所への就職が決まっています。青木さん、石原さんは資格をとったことにより将来の選択肢が広がったと話しました。

 二級建築士は、住宅および一定規模までの建築を設計する際に必要な国家資格で、本年度も最終合格率はわずか21%という難関です。全国の大学、短大等の空間系学科では、カリキュラムの内容に応じて所定の単位を取得して卒業すれば、受験することができます。取得した単位によっては実務期間が最大2年間必要になることもありますが、本学では2009年度の短大生活造形学科入学生からは実務経験がなくても受験資格を取得できるようになりました。

 生活環境学科・生活造形学科では在学生と卒業生を対象に、二級建築士の学科試験対策講座を開講しています。
 9月末からは、来年度の試験に向けた対策講座がスタートし、32人の学生が受講し、こうした朗報を励みに勉強しています。対策講座を担当する同学科の教員らは「本学科では二級建築士取得に戦略的に力を入れています。一つの目標を達成した自信が、卒業研究や就活などのあらゆるシーンでの自信につながっていくと思います」と話しています。

食物栄養学科の学生と卒業生が「2015クッキングセミナーin西宮」に参加し、透析食調理指導を実施しました。[2015/02/17更新]

 2月1日(日)、西宮市総合福祉センターで開催された「2015クッキングセミナーin西宮」(一般社団法人全国腎臓病協議会・NPO法人兵庫県腎友会・バイエル薬品株式会社:共催)で、食物栄養学科の福田也寸子准教授と研究室ゼミ生並びにゼミ卒業生の計10人が、透析食調理指導のボランティア活動を行いました。

 セミナーには、兵庫県下の透析患者さん並びに家族の方々が総勢約60人集まり、透析食クッキングを楽しみました。実習では、福田研究室が2012年度の「バイエル・レシピコンテスト」(主催:バイエル薬品株式会社)でグランプリを獲得した献立5点を、ゼミ生が指導し参加者が調理を行いました。

 この活動に参加した、食物栄養学科3年生の学生たちは「透析患者さんと一緒に調理実習したのは初めてで、とてもよい経験になりました。患者さんの思いが直接に理解できたので、将来は患者さんの視点で病院栄養士業務ができる管理栄養士になりたいと思います」と話しました。

 福田研究室では2014年、ゼミ課外活動の一環として、兵庫県腎友会総大会のボランティア活動に精力的に取り組んできました。この他、難病などで自宅を離れて入院生活をおくる子どもに付き添う家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」のミールサービスにも積極的に参加し、不足しがちな栄養素を強化したデザートの提案などをしています。

 写真中、左から福田准教授、星野阿津佐、森なつみ(食物栄養学科4年)、佐々木希美、下村有佳里、松浦優姫、高森愛子(食物栄養学科3年)、楠本由美子、市川理那、上田裕加(卒業生)

本学が後援し、優勝杯を提供する「第13回プチなでしこ武庫女カップ」が西宮市内で開幕しました。[2015/02/16更新]

 本学が後援し、優勝杯を提供する「第13回プチなでしこ武庫女カップ」(主催:西宮サッカー協会女子委員会)が2月14日、西宮市の西宮浜総合運動公園で開幕しました。兵庫、大阪、京都、奈良、愛知、福井、徳島の7府県から小学4年生以下の女子サッカー16チームが参加しています。大会は15日まで行われます。

 暖かな日差しの中で開会式が行われ、各チームの旗のもと選手が集い開会宣言がありました。続いて武庫川女子大学の松井徳光学生部長が来賓として「武庫川女子大学は教育力・研究力・学生数など総合力日本一の女子大学です。みなさんは今日ここに来られたことを、周りの方に感謝して元気にプレーしてください」と挨拶。附属中学校・高等学校の太田栄一教頭も「みなさんの心ときめくような活躍を期待しています。2日間しっかり試合に取り組んでください」と激励しました。

 「プチなでしこ 武庫女カップ」の横幕のもと、各チームは熱戦を繰り広げていました。

朝からおいしいご飯を食べ、アクティブな朝美人になろう! 情報メディア学科の松野ゼミ4年生9人が冊子「朝美人」を制作しました。[2015/02/06更新]

 情報メディア学科・松野精教授ゼミの4年生9人=写真左=が、朝からおいしいご飯を食べ、アクティブな朝美人になるための冊子「朝美人〜早起き鳥のオシャレな朝ごはん」(A5判、48ページ)=写真右=を制作しました。

 若い世代で朝ごはん欠食の問題が起きていることから、学生らは、おしゃれな店で朝食を食べて、朝の時間を散歩や山歩きなどで有意義に過ごそうと、女子大生による新しいライフスタイルの提案として冊子を考案しました。阪神間のカフェなど飲食店26店と朝の過ごし方3例が紹介されています。

 学生たちは「『世界一の朝食』として有名な神戸北野ホテルをはじめ、近隣のお店を中心に足を運びました。魅力を感じたお店を取り上げ、メンバーそれぞれの個性を生かした記事を書きました。この冊子を手にした同世代の人たちが新しい世界を感じ、充実した一日のスタートを切れるよう願っています」と話しました。

食物栄養学科 福田也寸子准教授が「第18回日本病態栄養学会年次学術集会」で会長賞を受賞しました。[2015/01/28更新]

 1月10,11の両日、京都市の国立京都国際会館で開催された「第18回日本病態栄養学会年次学術集会」で、食物栄養学科の福田也寸子准教授が発表した「食物アレルギー児における身体発育ならびに栄養素等摂取状況の検討」が会長賞に選ばれた。

 同学会には、医師、管理栄養士のほか、看護師、薬剤師、理学療法士など様々な医療スタッフが参加。一般演題で口演299演題、ポスター発表169演題の発表があり、口演から10題、ポスター発表から5題が会長賞に選ばれた。

 福田准教授の研究室では3年前から、大阪府下のアレルギー専門病院と病学連携で食物アレルギー教室に取り組み、食物アレルギーをもつ子どもの母親を対象に、除去食(代替食)指導とともに、発育のための食育活動を行っている。学会ではその研究成果の一部をまとめ、発表した。

 福田准教授は受賞について、「小さなエビデンスではありましたが、研究の着眼点に加え、得られたデータを科学の眼で正しく価値づけたことが評価されたと思っている。病気の治療や健康寿命の延長のため、治療における臨床栄養管理の重要性がますます認識されるようになってきた。今後も臨床栄養研究に精進したい」と話している。

2015(平成27)年度 公立学校教員・保育士採用試験 合格者速報。合格者総数 255人に。前年度を大きく上回る![2015/01/23更新]

音楽学部の学生3人が、人と防災未来センターで行われたコンサート「希望が花咲く日〜20年目の想いを あなたと共に〜」に出演しました。[2015/01/23更新]

 阪神・淡路大震災の追悼と復興に想いを馳せるコンサート「希望が花咲く日〜20年目の想いを あなたと共に〜」が1月11日、神戸市の人と防災未来センターで行われ、音楽学部演奏学科2年生宮本遥花さん(ピアノ)=写真左の左=、同・神下杏奈さん(声楽 ソプラノ)=写真左の中=、同・猪熊かおりさん(フルート)=写真左の右=が舞台に立ちました=写真右=。

 3人は阪神・淡路大震災当時に生まれた20歳の学生。「オペラ『アルルの女』よりメヌエット」「私を泣かせてください」「プレリュード1巻より アナカプリの丘」などを演奏しました。

 学生らは「演奏会の本番前に人と防災未来センターの施設を見学しました。改めて、すごい地震だったのだと思いました。演奏後、お客さまから『よかったよ』という感想をいただきました。演奏のひと時、震災を忘れ、少しでも心が晴れやかになってくださったならうれしいです」と感想を話しました。

教育学科の西本ゼミの4年生が、子育てファミリーが街歩きを楽しめるイラストマップを阪神電鉄と共同制作し、記者発表しました。[2015/01/22更新]

 教育学科の西本望教授(幼児教育学)ゼミの4年生5人が、子育て中の親子が訪れやすい阪神沿線のスポットを紹介するマップ「mama’s smile 阪神沿線 親子でぶらりお散歩マップ(西宮編)」を阪神電鉄と共同制作し、1月22日午後、西宮市政記者クラブで発表しました=写真左=。学生らは「昨年1月から企画しました。私たちは学生なので、少しでも保護者目線に近づくため、実際にベビーカーを押して出歩きました。たくさんの方にこのマップを活用していただき、おでかけのきっかけになればうれしいです」と話しました。

 マップは阪神電車の沿線情報紙「ホッと!HANSHIN」(タブロイド判、毎月10万部発行)1月25日発行号に掲載されるほか、持ち運びやすいリーフレット(A5判、12ページ)=写真中=にして1月25日から阪神電車の主要駅などで配布されます。

 西本ゼミ生らは、2011年から毎年「mama’s smile 」を発行。今回は「西宮・堀江」編、「神戸」編、「西宮〜神戸東部」編、「阪神なんば線」編に続く第5弾になります。


子育て中の母親541人が選ぶ母親にうれしい施設・情報を掲載
 制作したゼミ生は影山由夏さん、河村早紀子さん=写真右の前列左から順=、藤田藍さん、里脇亜美さん、久木沙織さんの5人=写真右の後列左から順=。
 マップ制作に当たり、事前に541人の子育て中の母親にアンケート調査を実施。西宮・甲子園エリアで実際に子育て世代が親子でよく行く公園、飲食店、美容院等のお薦めスポットや、施設を選ぶ際に重視するポイント等を調査しました。マップには、授乳スペースなど母親が気になる設備や、各スポットの対象年齢をマークで表示するほか、学生のお薦めコメントも載せています。

親子で「街歩き」を楽しんでいただける内容にブラッシュアップ
 街全体を歩いて楽しんでいただくために、実際の建物やスポットをイラスト化した見やすく分かりやすい、「立体イラストマップ」を採用しました。
 さらに、歩道が整備されている道を色分けして表示することで、親子で歩きやすい道を分かりやすくしました。これは、学生が赤ちゃんほどの重りを載せたベビーカーを押して西宮・甲子園エリアを歩き、バリアフリーや歩道の道幅等を確認したものです。

情報メディア学科の学生3人が大阪観光特使に任命されました。[2015/01/21更新]

 「大学生観光まちづくりコンテスト2014」で準優勝した情報メディア学科3年生、徳永萌さん、石崎康代さん、薬師神里菜さん=写真左の左から順=が大阪観光特使に任命され、1月14日、大阪観光局で同特使委嘱式が行われました=写真右=。

 コンテストは訪日外国人向けの観光まちづくりプランがテーマで行われ、3人はタイトルを「大阪にもこんなとこあんねんで。棚田から『はじまる』『つながる』『ひろがる』観光まちづくり」とし、過疎化が進んでいる大阪府唯一の村・千早赤阪村の地域活性化について考案しました。

 委嘱式では、コンテストで受賞した企画についてプレゼンしました。その後、大阪城3Dマッピングスーパーイルミネーションを視察しました。

 今後、産学連携ツーリズムセミナー(主催:日本観光振興協会)で、コンテストで受賞した企画について発表したり、大阪をPRしたりしていきます。

心理・社会福祉学科が地域団体と連携し、3つのイベントを企画・運営しました。[2015/01/20更新]

 文学部 心理・社会福祉学では2014年度「レクリエーションの企画と運営」の授業の中で、心理コースの2年生が3つの地域団体と連携しながら、イベントの企画と運営を行いました。

 まず、認定NPO法人日本災害救援ボランティアネットワークが主催する『防災ふれあいウオーク in 西宮』の企画から運営までを担当しました。11月15日、西宮市をはじめ、神戸市や大阪府からの参加者22人に、日常生活における防災を意識したり、実際の津波避難ビルを航空写真のパズルを使って確認したりするイベントを実施しました=写真左=。また防災ウオークのモデル冊子も作り、2015年2月から全国に配布・広報する予定です。

 次に、12月14日に西宮市立若竹生活文化会館の主催で開催された『わいわいこどもフェスティバル』では、子どもの主体性を育成する「妖怪ウオチッチ」と題した輪投げコーナーを企画・運営しました。このコーナーには200人以上の子供たちが参加し、妖怪の友達をたくさんゲットし楽しみました=写真中=。

 12月20日には社会福祉法人一羊会が運営する『武庫川すずかけ作業所』の利用者を大学に招いて、教室内でのレクリエーションプログラムを企画運営しました。クリスマスを題材に、身近な素材で楽器を作るなど主体性の獲得や表現力の促進を狙いとしたクラフトなどを実施しました=写真右=。

 学生は教室で学んだことを地域で応用し、多くを学び社会で活躍できる力を身につけています。

心理・社会福祉学科教授 茅野宏明

▲ページトップへ