武庫川女子大学
img img
文字のサイズ

ニュース・最新情報

学院のニュースや行事予定をお伝えします。
クリックすると、写真は拡大表示されます。

教育学科・山田ゼミ生が「野外アートフェスティバルin にしのみや」にボランティアとして参加し、小学生を対象としたワークショップを開きました。[2014/10/27更新]

 2014年度西宮市野外文化事業に指定されている「野外アートフェスティバルinにしのみや」(武庫川女子大学など協賛)が10月11〜13日、西宮市役所前で行われ、教育学科・山田隆ゼミ(図画工作)の学生10人がボランティアとして参加しました。

 今年で23回目を迎える同フェスティバルでは、屋外ギャラリーで美術や書道などさまざまなアート作品が展示されます。
 
 山田ゼミは、6年前からゼミ活動の一環として毎年参加しており、教材の研究と子どもたちへの支援の在り方を研究することを目的としたワークショップを開いています。今年のテーマは「チャレンジ」。ゼミ生は10月11、12日の2日間でアート体験「アートとミュージックにチャレンジ」と立体作品展示「つなげてあそぼう!」を企画。後期に入ってから材料や指導方法など万全の準備をしてワークショップに取り組みました=写真右。

 アート体験では、塩化ビニールの水道管を使ってケーナ(南米ペルー、ボリビアが発祥の縦笛)を作り、それに子どもたちが好きな文様を描きました=写真中。音を出すのは難しく何度も挑戦してやっと音が出た時は、子どもたちも大喜びでした。

 立体作品では、学生が7mm角の角材に新聞紙を5重に巻いた棒を約800本作り、接続のジョイントをパイプで準備していました。子どもたちは、その棒とジョイントを使ってつなげて立体を作りました。芝生の上で気持ち良く、根気強く、考えながらつなげて遊ぶ姿は芸術家そのものでした=写真左。

情報メディア学科の学生3人が「海外卒業旅行企画コンテスト 2014」で優秀作品賞を受賞しました![2014/10/25更新]

 情報メディア学科・大森いさみ准教授ゼミの3年生、柳原莉歩さん、平井聖奈子さん、生柄夕貴さん=写真左から=が、9月26日東京ビックサイトで開催された「海外卒業旅行企画コンテスト」公開プレゼンテーション【JATA(一般社団法人日本旅行業協会)主催】でプランを発表し、優秀作品賞を受賞しました。

 このコンテストでは、学生から海外卒業旅行の企画を募集し、学生がユニークな発想で企画した旅行をベースに、JATA会員旅行会社と共に旅行商品を作り上げていくことを目的としています。本学チームは日本旅行と協力し「親娘革命!〜新しいスタートをきる、イギリス8日間ハリーポッター」をまとめました。 

 今回は、応募作品197件から1次、2次審査を通過した6大学の企画が選ばれ、公開プレゼンテーションが行われました。受賞した3人は「9月上旬に資料を提出した後は、毎日プレゼンテーションの練習をして、余裕を持って本番に臨むことができました」「グランプリを逃したことは、悔しかったです」「他大学を見るとレベルの違いを感じます。外に出て経験を積むことは大切だと思います」と話しました。

薬学科の学生5人が「第64回日本薬学会近畿支部総会・大会」で優秀ポスター賞を受賞しました。[2014/10/23更新]

 京都薬科大学で10月11日に開かれた「第64回日本薬学会近畿支部総会・大会 医療薬学・薬剤学部会」で、薬学部ゲノム機能解析学研究室の学生5人が、優秀ポスター賞を受賞しました。

 受賞者は、同研究室の木下健司教授が指導する薬学科5年の植山陽子さん、一ノ瀬理奈さん=写真後列左から=、今井美穂さん、藤本遼さん、競和佳さん=写真前列左から=。演題は『遺伝子に基づいたアルコール教育及び教材作成』です。
 ポスターの発表に加え、作成した教育紙芝居をパソコンで流すなどの工夫を凝らした発表と学生の研究活動に対する熱心な姿勢が評価されました。

 受賞した学生は「4月から小学校から大学まで様々なところで、未成年者の飲酒防止を呼びかける出前授業をさせていただいた。受賞できたのは、協力してくださった各学校の先生方や生徒のみなさん、研究室の先生方のおかげです」「ポスターの作成にあたっては、どう構成すれば見ていただく方の興味を引き、研究内容が一目で伝わるのかを考えて作成しました」「作成した教材が未成年者飲酒防止につながることを期待します」となどと話していました。

『Smiles of happiness-新たな輝きの一歩を-』をスローガンに第59回文化祭が開幕。東北支援物産展など多彩な模擬店、展示、イベントなどが催されています。学生広報スタッフが総力取材しています!![2014/10/18更新]

 「第59回武庫川女子大学文化祭」(主催:学友会・文化祭実行委員会)が10月17、18、19日、「Smiles of happiness-新たな輝きの一歩を-」をスローガンに中央キャンパスで開幕。18日は午前9時からのオープニングに合わせ、学生やたくさんの市民らでにぎわいました。19日までの期間中、東日本大震災の被災地・東北を支援するための物産展「東北ば満喫すっぺー!フェア」など、模擬店や各団体の展示、舞台発表など様々な催しが目白押しです。

詳しい様子は、学生広報スタッフLa chouette*(ラ シュエット)が取材レポートと豊富な写真で報告
 舞台や展示、模擬店などの詳しい様子は、学生広報スタッフ La chouette*が総力取材し、ホームページ内・学生広報スタッフページのブログでレポートを書いて随時ご紹介しています。

心理・社会福祉学科の「福祉現場体験学習報告会」が行われました。[2014/10/17更新]

 心理・社会福祉学科社会福祉コースの「福祉現場体験学習報告会」が10月10日に東館で開催され、「ソーシャルワーク実習指導J」を履修する心理・社会福祉学科2年生が、さまざまな福祉現場でのボランティア体験を発表し、学生約70人と教員が参加しました=写真=。

 「ソーシャルワーク指導実習J」では、福祉現場からその実情を主体的に学ぶことを目的とし、次年度の社会福祉士実習の事前学習の一環として、ボランティア体験を奨励しています。本科目を履修している学生が、夏季休暇中に福祉現場に出向いて、様々な分野のボランティアを体験しました。

 報告会では、学生自らが司会・進行、タイムキーパーの役割を担いました。学生たちはそれぞれの体験を振り返って、「先入観や偏見をもっている自分に気が付いた」、「自身のバリアを取り払うためにも利用者と積極的にコミュニケーションをとることが大切である」などと話しました。さらに、「よく観察すること」「相手の強みを引き出すこと」「本人の意思を尊重すること」「利用者に合わせた話題を提供する」など、ソーシャルワーカーに求められる実践力を整理しながら、現場での経験をまとめたり、「来年度の実習に向けて、より専門的な知識と技術を身に付けたい」と話したりしました。参加した学生は、報告者の体験談に熱心に熱心に耳を傾けました。最後に、教員が学生へ報告会の感想と来年度に向けた実習への励ましのメッセージを送りました。

現場で働く大阪府職員による「公務員(福祉専門職)について学ぼう!」と題した講義を実施しました。[2014/10/16更新]

 心理・社会福祉学科、社会福祉コースの学生を対象に10月3日、「公務員(福祉専門職)について学ぼう!」と題した講義を、中央図書館6階アクティブ・ラーニング・スタジオで行いました。

 当日は大阪府福祉部 福祉総務課に勤務する、竹内愛さん、舟木亨さんが大阪府の福祉専門職の魅力について語りました。学生47名(1年生10名、2年生20名、3年生17名)が出席し、講義に続いて熱心な質疑応答が行われました。
 2人の講師は「女性職員が多く働きがいのある職場です」「専門職として、人間力も向上できます」と自分自身の体験を交えながら話しました。
 参加学生からは、「大阪府福祉専門職の実践を聞き、お二人の人柄に触れて、将来福祉専門職を目指したいと思いました」「お二人のような職員になりたい!」という声があがっていました。
 心理・社会福祉学科では、今後も福祉専門職の魅力を伝える取り組みを実施する予定です。

音楽学部演奏学科の学生2人が「第8回神戸新人音楽賞コンクール」で優秀賞を受賞しました。[2014/10/10更新]

 「第8回神戸新人音楽賞コンクール」本選会が9月25日、神戸文化ホールで開催され、ピアノ部門に演奏学科4年生の多田美晴さん=写真右=、声楽部門に演奏学科2年生の神下杏奈さん=写真左=が出場し、それぞれの部門で優秀賞を受賞しました。

 神戸新人音楽賞コンクールは、神戸にゆかりのある若手音楽家を発掘し未来に飛躍する機会を創出するために、神戸芸術文化会議と神戸市との共催で行われているコンクールです。5月末の第1次予選、6月22日の第2次予選を経て、ピアノ部門、管弦打楽器部門、声楽部門に計10人が本選に出場しました。受賞者には来年度のジョイントコンサートに出場できる権利も与えられました。

 多田さんは「本番で出来ることを全て出し切れるように、1週間前からは時間があればピアノに向かっていました。来年のジョイントコンサートに向けていろいろな曲に取り組みたいです」と喜びを語りました。神下さんは「主専実技指導の先生からは、本番の演奏は今までで一番良かったと言っていただきました。私にはまだまだ学ぶことがたくさんあります。今回の受賞を励みにがんばります」と話しました。

英語チャレンジコースの授業で、学生が英語スピーチのコツを学びました。[2014/10/09更新]

 英語チャレンジコースの学生を対象に開講している共通教育科目「Career Workshop 2」で、俳優・松井桂三さんが10月6日、中央図書館ラーニングコモンズで講演しました=写真=。松井さんは、俳優活動の傍ら数々の英語スピーチコンテストでも優勝を飾り、英語も得意としています。この授業では、司会進行、質疑応答、ゲストスピーカーへのインタビューなどすべて受講生が英語で行いました。

 松井さんは、英語スピーチにおけるユーモアの大切さや、人前で話すことのコツを、自身のモデルスピーチを通して学生に説明し、「ユーモアを表現する時のコツとしては、第三者の失敗を笑いにするのではなく、自分自身の失敗談などをスピーチに取りいれることが大切です」とアドバイスしました。

 4人の学生が実際に英語でプレゼンテーションを行い、松井さんが改善点を指導。その後、4人の学生が同じ内容のスピーチを行い、どう改善されたかを確認しました。

 同コースは国内外の様々な分野で活躍する人材を育むために2014年度から設けられました。語学学習に関し、意欲・能力の高い大学生を選抜し、2〜4年次の3年間をかけた特別カリキュラムのもとでTOEIC800点以上の英語力とコミュニケーション能力を向上させます。

 1年生を対象とした、次年度向け説明会は、11月17日(月)16:30〜中央図書館2階グローバル・スタジオで開催されますので、興味のある方は参加してください。

国際交換プログラムで米イースタン・ワシントン大学からジョディー・グレイブス准教授が来日し、ピアノ演奏会が開催。[2014/10/08更新]

 本学の協定校である米イースタン・ワシントン大学からピアノ演奏家として活躍するジョディー・グレイブス准教授が来日し、10月4日、音楽館の演奏ホールで、ピアノ演奏会か開催されました。

 ジョディー・グレイブス准教授は「日下・フォッシーン 国際交換特別教授職プログラム」で本学へ来ました。このプログラムは、故・日下晃・前学院長とアメリカ分校のあるスポケーン市のニール・フォッシーン元市長の提唱によって発足した国際交換教授職基金で、イースタン・ワシントン大学と本学が交流しています。今年で18回目を迎えました。

 演奏会ではG.ガーシュイン名曲集やS.ラフマニノフ「前奏曲ロ短調Op.32-10」など5曲を演奏しました。会場には学生ら約100人が集まり、ピアノ演奏を聴き入りました。

第33回「校祖の日」。武庫川学院創設者の公江喜市郎をしのぶ行事が行われました。[2014/10/04更新]

 武庫川学院を創設した校祖・公江喜市郎をしのぶ行事が10月4日、武庫川女子大学中央キャンパスや附属中高で行われました。

 公江喜市郎の功績が展示されているメモリアルアトリウムで、大河原理事長や理事らが校祖をしのびました=写真=。大河原理事長は「公江先生が亡くなり33年が経ちました。教育・研究の質の向上を実現するために教育環境の整備は重要な一つの施策です。今年11月には看護科学館、12月には学校教育館が竣工する予定です。さらに来年には武道館もできる予定です。これらの施設が活用されて、教育・研究の質が向上することを切望しています」「5年後は創立80周年を迎えます。時代は大きく変化していますが、女性の活躍が日本の活性化の一つのポイントになると期待されています。教育の質や研究力を高め、活躍できる人材を育て、これからは女子学園の真骨頂を示していかないといけないと考えています」とあいさつし、立学の精神を具現化するために邁進していくことを誓いました。

 その後、教職員、学生、生徒の代表が校祖の墓前参拝。あわせて学院関係物故者慰霊祭も行われました。

中央キャンパスの記念庭園がリニューアルし、オープンセレモニーが行われました[2014/10/01更新]

 中央キャンパスの中央に位置する「創立35周年記念庭園」がリニューアルされ、10月1日、学友会主催のオープニングセレモニーが行われました。

 自然の雰囲気を醸し出すウッドデッキやタイルを敷き詰め、テーブルや椅子を配置し、学生がくつろぎ、語り合える場所に改修しました=写真右。

 セレモニーは総務委員副委員長 井上菜奈さん(英語文化学科3年)の司会で始まり、糸魚川直祐学長が「庭園のリニューアルは、学院の学生、教職員に対する思いやりです。学生生活をエンジョイして武庫女パワーを発揮してほしい」と述べました。
 続いて、大河原量学院長、糸魚川学長、総務委員長の大島美佳さん(心理・社会福祉学科3年)がテープカットを行い=写真中、大島総務委員長が学生を代表して「庭園がきれいになって、学生の交流が深まり、より良い学生生活を送ることができます」とあいさつしました。
 
 最後に、筝曲部の6人が初心を意味する「サラズマインド」という楽曲を披露し=写真左、大きな拍手がおこりました。

 庭園は、本学の創立35周年記念事業として1977年に「公江記念講堂」が竣工し、その際、創立当時の木造校舎中央部が旧南館跡に「武庫川学院記念館」として移築整備され、その跡地を記念庭園としました。

 

卒業生によるリレー講義「卒業生が語る仕事と人生」が開講。社会の各分野で活躍する13人が学生に講演します。[2014/09/29更新]

 社会の各分野で活躍する武庫川女子大学の卒業生によるリレー講義「卒業生が語る仕事と人生」が始まりました=写真右=。1回目となった9月29日は、魚市場のせり人として働く高山実華さん(2009年生活環境学部情報メディア学科卒、神港魚類勤務)=写真左=が講演しました。

 同講義は全学生が受講できる共通教育科目の一つ。多様な職業に就いて広く社会で活躍する本学卒業生に、社会人として仕事をすること、仕事への夢や志、本学での学生生活がその後の仕事や人生にどうつながったかなどを語ってもらい、学生のキャリア形成につなげることを目的に開講されています。

 高山さんは入社した動機や仕事の内容について説明し、「大学時代までは友達やアルバイト先の人など限られた中で話をすることが多かったのですが、社会人になって、さまざまな世代の人、住んでいる地域が違う人と話すことで、視野が広がり勉強になります」と話しました。講演終了後、高山さんは「後輩の皆さんが、しっかり私の方を見て話を聞いてくれてうれしいです」と感想を述べました。

 受講生は「高山さんはとてもキラキラしていました」「社会で活躍している先輩から直接話を聞けて勉強になります」と話しました。

 同授業は12月まで開講され、行政、医療、教育、文化、金融などの業界で働く大学、短期大学部の卒業生13人が教壇に立ちます。

オープンキャンパスが開催され、約900人の高校生が参加しました。[2014/09/28更新]

 武庫川女子大学・短期大学部のオープンキャンパスが9月28日、中央キャンパスなどで開かれ、約900人の高校生が参加しました=写真右=。
 次のオープンキャンパスは11月30日(日)に開催されます。

 オープンキャンパスでは、以下のようなプログラムが行われました。


【武庫女の学び】
〔学科企画プログラム〕
 各学科の教員・学生が、高校生・保護者の皆さんに学科の特徴や学べる内容などを分かりやすく説明します。 各学科の教員による体験授業も実施、一足早く大学の雰囲気を感じてください。

【武庫女を知ろう!】
〔保護者対象説明会〕 武庫川女子大学・武庫川女子大学短期大学部の入試から就職実績まで、最新情報を分かりやすく説明します。
〔キャンパスツアー〕=写真左=
 キャンパスにはどのような施設があるのかなど、大学時代を過ごすことになる環境をチェックします。
〔Q&Aコーナー〕
 一人ひとりの疑問、知りたいことを教職員、学生にお話しください。質問も大歓迎! この機会にぜひご相談ください。

【武庫女の入試は?】
〔必勝!「武庫女入試」ガイド〕
 入試制度は大学によってさまざま。入試センター職員が武庫女「入試」のすべてを公開します。 2015年度入試概要や昨年度の入試結果を分かりやすく解説します。

【入試を突破したい!】
〔入試シミュレーション〕=写真中=
 昨年度の実物の「英語」入試問題と答案用紙を用いて、その一部を解いていただきます。

生活環境学科の学生5人が「第18回全国きものデザインコンクール」で入選しました。[2014/09/28更新]

 生活環境学科の学生5人が「第18回全国きものデザインコンクール」(全国染織連合会主催)一般CGの部で入選しました=写真右=。CG部門では応募数が554点、そのうち特賞12点、金賞4点、銀賞7点、入選50点が選ばれました。

 入選したのは同学科2年生アパレルコースの山崎友里奈さん、多田真弓さん、小林美晴さん、山内友香さん、平本真梨さん。テーマは「自身が着たいキモノのデザイン画」。「テキスタイルデザイン実習J」の授業で制作した作品を応募しました。

 入選作品の展示は京都市美術館で、9月26日〜28日に行われました=写真左=。

大学での学び・課外活動の経験が、社会の変化に対応できる「自分づくり」に。地域別教育懇談会が開催され、保護者・学生と大学教職員が就職について考えました。[2014/09/27更新]

 大学と保護者が意見交換する「地域別教育懇談会」が9月27日、中央キャンパスをメーン会場にして開かれました=写真右=。この教育懇談会は就職支援に特化した内容になっており、今年も1300人を超える保護者や学生が出席しました。公江記念講堂で行われた全体会では、本学の就職活動の取り組みについての話やキャリアコンサルタントの講演に、出席者は熱心に耳を傾けました。

 全体会の冒頭で、山中恵枝・教育後援会長は「保護者のみなさまは、普段はキャンパスに来たり、先生方と話したりする機会があまりないと思います。今日はしっかりと大学で情報収集し、充実した一日を過ごしてください」とあいさつ。糸魚川学長は本学の立学の精神に基づいた教育目標の3つの柱である@「すぐれた知性」を磨くことA「感性豊かな潤いのある心」を育むことB「人を思いやり、人のために尽くす精神」を身に付けること―を中心とする教育方針について、山崎教学局長は教育の現状の取り組みについて説明し、地震・津波など防災や安全対策についても話しました。内田キャリアセンター長は就職・求人状況や就活生の保護者の心構えについて説明しました。

 本学で就職講座を担当するキャリアコンサルタントの石田秀朗氏は「就活スケジュールの変更がもたらす企業の採用活動の変化〜大学生は就職活動をどう捉えればよいのか〜」と題して講演しました=写真左=。石田氏は「早い時期に企業と接触する機会が増える可能性があり、早い時期からしっかりした『自分づくり』を」「自発的な学び、課外活動への参加が仕事のプロセスや社会の秩序につながる経験になる」「大学では発言・発案・発表の機会が多く、伝える力・求められる人材要件につながる力がつく」と話しました。

 午後からは学科ごとの説明会や、教員と保護者の個別懇談が行われました。食堂には、就職や資格、留学、学寮、奨学金などについての相談コーナーを設置。「学長懇談・相談コーナー」も設けられました。


 「地域別教育懇談会」は全学生の保護者から構成される「教育後援会」が主催しています。1984年から30年にわたって続き、大学と保護者が質疑を通して連携を深める場となっています。本年度は、今回の大学本部会場のほか、広島(8月23日)、高松(8月30日)、金沢(9月7日)の3会場で開催されました。

▲ページトップへ