【映画体験記】神様のカルテ

こんにちは。      

情報メディア学科4年生kasuminと食物栄養学科3年生ひろみんで映画取材に行ってきました。

今月は「神様のカルテ」です。

 

【あらすじ】

自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、最愛の妻・榛名(宮崎あおい)らと語らうことが日々の楽しみだった。そんなある日、一止はある患者と出会い、人生の岐路に立つこととなり......。

【解説】

アイドルグループ嵐の櫻井翔と宮崎あおいが夫婦を演じ、地方医療の現実と向き合いながら成長する医師の姿を描く感動のヒューマンドラマ。口コミで人気が広がり、「ビッグコミック」誌で漫画化もされた夏川草介の小説を、「60歳のラブレター」「白夜行」などで注目を集める深川栄洋がメガホンを取り映画化。要潤や原田泰造、柄本明など豪華な共演陣が脇を支えた珠玉のドラマは必見です。

【おすすめポイント】

現役医師作家・夏川草介のベストセラーで、2010年本屋大賞第2位に選出された小説を映画化。

【公開日】

2011年8月27日(土)

【キャスト】

櫻井翔、宮崎あおい、要潤 他

【スタッフ】

監督:深川栄洋

原作:夏川草介

脚本:後藤法子

【配給】

東宝

【制作年】

2011年

【上映時間】

128分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【感想】

単純にいいお話で心が温まる映画でした。

櫻井翔演じる主人公栗原一止と宮崎あおい演じるハルナの夫婦の言葉を多く交わさない心はかよっている絆の強い関係が見ていてとてもうらやましく、微笑ましかったです。

また、主人公の、地味だけど素直でまっすぐで周りに流されない性格が素晴らしいと感じました。都会に憧れている私ですが、この映画を見て田舎でも好きな人達とすてきなスローライフを送ってみたいと思いました。

kasumin

 

『大切なのはこれからの医療? それとも目の前にいる患者さん?』

イチの姿を見ていると、周りで自分を支えてくれている人の存在の大切さや、自分が本当にしたいこと、望んでいることを貫く大切さを身にしみて感じました。医師であるイチと末期ガン患者安曇さんの出逢いから、限りある命の中で出逢う人とのつながりや、心と心が通い合うことは本当に素晴らしいことなのだと感じました。鑑賞後、ふと命の重み、生きていることのありがたさを感じ、心が温かくなる作品です。

ぜひ、大切な人と一緒にご覧になることをおすすめします。

ひろみん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

カテゴリ:[学生広報スタッフの活動][映画体験記]

カテゴリ

2019年5月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.