第1回 武庫女ビブリオバトル


こんにちは!
英語文化学科3年のさわこです!
記念すべき初投稿でございます!
よろしくおねがいします(^^)

12月10日(土) 第1回 武庫女ビブリオバトルに、
ボランティアスタッフとして参加しました。

ビブリオバトルとは、
武庫女生、附属高校生がプレゼンターになって
本を紹介し、観客投票でチャンプ本を決める書評合戦です!

持ち時間は1グループ・個人あたり5分間。
第1回目の今回は、現在活躍中の日本人女流作家の作品がテーマでした。

この大会は、本を読むことで得られる知的発見=読活の推進を目的に開催されました。
参加グループは全11組。
中には個人で頑張る学生の姿も見られました!

緊張感が漂う場内。
グループ感を生かした軽快なやり取りで観客を引き込むグループや、
本の魅力をシンプルに、話術のみで勝負するプレゼンター。
また、イラストや写真などパワーポイントを効果的に用いて、
観客によりわかりやすく場面を想像させるグループなど、
本の選択からプレゼンテーションの仕方まで、
とにかく個性が光る大会でした!

わたしは投票集計をお手伝いしたのですが、
仕事であることを忘れるくらい、プレゼンターに引き込まれ、
観客として、とても楽しませていただきました!

そして気になる優勝者には....
有川浩「ストーリー・セラー」をプレゼンテーションした、
 
附属高校3年・辰巳真菜さん
附属高校3年・木村愛さん
 
が選ばれました!
なんと高校生! 圧巻でした!

優勝は決まりましたが、全11組、どの本もとても魅力的に感じました!
最近本を読んでいないなあ、というあなた!
ぜひ武庫女生がプレゼンテーションをした、
おすすめの本を読んでみてはいかがでしょうか?(^^)


カテゴリ:[キャンパスライフ]

カテゴリ

2019年5月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.