文学遺跡探訪♪

秋も深まってまいりましたね!

日本語日本文学科のちえです(^-^)

 

11月11日、文学遺跡探訪「初瀬道をめぐる―源氏物語の舞台・長谷寺とその周辺」

に参加しました♪


「文学遺跡探訪」とは、大学文学部日本語に本文学科・短期大学部日本語日本文化学科の

学生を対象に、国文学会によって企画されている行事です(@^^)/

 

今回は、影山先生と山根木先生が各場所を詳しく説明してくださり、大変勉強になりました!

 

 

長谷寺

源氏物語にも登場する有名なお寺です。

平安時代大流行し、高貴な身分の人から一般の人まで多くの人が詣でていたそうです。

4172ZH6ZEWL__SL500_AA300_.jpg

長谷寺の前で集合写真を撮り、長い登廊を登り、二本の杉、定家俊成塚見た後、長谷観音拝観、五重塔(上写真)へ。

紅葉もきれいでした☆

 

さて、次の写真は長谷寺の入口にあるものなのですが、

 

PB110011.JPG実はこれ、裏側をみると・・・

 

PB110013.JPGわかりますか?

なんと、本学の校祖公江喜市郎氏の名前が彫られてあります !!

びっくりでした\(◎o◎)/

 

 

こちらは出雲十二柱神社。

PB110029.JPG

相撲発祥の地とされているそうで、

狛犬を支える部分をみると、ひとつひとつ形の違うお相撲さんの形になっていました!

 

 

お天気はあいにく雨でしたが、

13人の学生が参加し、楽しく散策しました!

湿った草木のにおいと、しっとりとした空気、色づき始めた山々にかかる霧が、

一層趣深くて心地よかったです(*´-`*)

 

以上、ちえでした!

カテゴリ:[学び][日本語日本文学科]

カテゴリ

2020年7月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.