【映画体験記】オズ 始まりの戦い

こんにちは(^^)/

情報メディア学科3年生ひろこと英語文化学科4年生(^^):さわこで映画取材に行ってきました。

今月の鑑賞作品は「オズ 始まりの戦い」です。

 

【あらすじ】
小さなサーカス団で働くオズ(ジェームズ・フランコ)にはいつか「偉大な人間になりたい」という野心があった。そんなある日たまたま竜巻に巻き込まれて不思議な世界「オズ」に迷い込む。名前が同じということで救世主に間違われ壮大な冒険にオズは巻き込まれることになる。

【解説】
児童文学での名作といわれている「オズの魔法使い」の前日譚をディズニーが映画化!!誰もが知らなかった「オズ」という魔法使いの過去が明らかにされます。一人の男が壮大な冒険によって偉大な魔法使いになるまでがディズニーの幻想的で美しい映像になっています。

【おすすめポイント】
なんといっても綺麗な映像です!!オズと彼と旅する翼が生えている猿のフェンリー。そして陶器の少女との旅の中で財産と名声を欲していた「オズ」がどう変化していくのかというところも注目です!

【公開日】
2013年3月8日(金)3D・2D全世界同時公開

【キャスト】
ジェームズ・フランコ、ミラ・ク二ス、レイチェル・ワイズ 他

【スタッフ】
監督:サム・ライミ
脚本:ミッチェル・カプナー、デヴィッド・リンゼイ=アベアー

【配給】
ディズニー

【制作年】
2012年

【上映時間】
130分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【感想】

~子どもから大人まで楽しめるファンタジー~

 最初は白黒の映像がオズの国へと迷い込むと同時にカラフルな映像に変わります。カラフルな映像が綺麗で鳥肌が立ってしまいました。主人公のオズと南の魔女がシャボン玉に入って飛んでいくシーンにはワクワクしました。

内容は、主人公と仲間達が悪い魔女と戦うという非常にわかりやすいもので、子どもでも楽しんでもらえると思います。また、最初は自己中心的だったオズがどのように成長していくのかも見所だと思います。個人的には、ミシェル・ウィリアムズとジェームズ・フランコが大好きなので、2人が共演しているという点にとても興奮しました。映像が綺麗なのはもちろんのこと、内容も楽しめる作品になっています。私は2Dで見ました。3Dで見たら思わず叫んでしまうだろうなという仕掛けがたくさんありました。

                                ひろこ

~「オズ はじまりの戦い」を観て来ました!~

 MOVIXココエあまがさきさんで、映画「オズ はじまりの戦い」を観てきました。

ディズニーの映画を映画館で観るのは初めてだったのですが、映像が本当に美しかったです!

最初はモノクロで始まるのですが、オズの国に入った後、色鮮やかな映像になり、思わず心を奪われました。また、シャボン玉に乗ったり、陶器の少女が動いて話したり、ファンタジックな世界にうきうきしました。童心に返ったような気持ちで、最後まで楽しむことができました。

客席には小さなお子さん連れの家族やカップル、友達同士など、男女年齢問わず色々な人が観に来て「オズ はじまりの戦い」を楽しんでいました。

また、MOVIXココエあまがさきさんは、ゆったりしたシートでありながら、他のお客さんの笑い声や反応を近くで感じられてとても好きです。

                               (^^):さわこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

カテゴリ:[学生広報スタッフの活動][映画体験記]

カテゴリ

2020年7月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.