☆ほっとママシネマ☆~ママと赤ちゃんと、時々、きいろいゾウ~

久しぶりです、麗です。

 

先日、2月27日に、ココエあまがさきのMOVIXさんに

「ほっとママシネマ」の取材に行ってきました!

みなさんの大好きな映画のお話です(^o^)/

 

~「ほっとママシネマ」とは~

まず、普段の取材させていただいている映画とは趣旨が異なり...

●「ママと赤ちゃん」のための上映会!

●アメリカで誕生した、「妊娠中、育児中であってもオシャレや趣味を

アクティブに楽しむ女性」=「HotMama」という言葉と、

日々の子育ての合間に「ほっと一息、映画でも楽しんで!」という

思いが込められて2008年に始まった!

 

こんな企画です☆

 

さて、今回取材させていただいたのは今話題の『きいろいゾウ』!

ママが「観たい!」と思うような旬の作品をチョイスされているそうです。

"ママと赤ちゃんが楽しめるように"ということで、様々な工夫がされていました。

 

~こんなところが違う!~

●完全予約制で、チケット窓口が一般のお客さんと別

→ベビーカーで来られる方が多く、子ども連れなので負担が

少なくなるように、窓口を分けているそうです。

チケット前.jpg

●ベビーカーは劇場入り口で預かってくれます

●オムツ交換や授乳も可能な専用スペースを確保!

●パパゾーンもあるよ!

●シアター内に「おもちゃ広場」!

→スクリーンの前に遊べるコーナーがあり、

お子さんは退屈しません(゜∀゜)

おもちゃ広場.jpg

●照明が明るめ

●音が小さめ

●予告がない

→この3つは特に、赤ちゃんが空間や映画に

びっくりしないように考えられています。

豆電球より明るく、雰囲気の良いレストランより落ち着く、

といった具合の明るさでした(^ω^)☆

●「見守りスタッフ」駐在!

→ママたちを案内したり、赤ちゃんに危険がないように、

上映中しっかりと見守ってくれます。

 

 

箇条書きなのにこんなに長くなってしまった...。

映画が始まって30分ほど経つと、子どもたちは

集中力がきれて動き出すのですが、

大人しくスクリーン前に用意されたおもちゃ広場で遊んだり、

通路の階段を上り下りしたりと安心した様子で、

細かい配慮が生きているのだな、と思いました!

 

観に来ているのがみんな「ママ同士」だから、

赤ちゃんが少々ぐずってもお互い気にならないようで、

そういったところも、リラックスして映画を楽しめる

一つの要素ではないか、と感じました。

また、教育学科の学生っぽい(!)ことを言いますと、

"ママは映画を楽しんでいる、赤ちゃんは楽しんでいるママと一緒にいられて楽しい"

といった印象を受け、本当にもっとこの取り組みが

広まっていってほしいと感じました。

 

 

少しですが、映画について触れると、

取材が決まったときから楽しみにしていたのですが、

期待以上で、映画の舞台や役者さんが雰囲気にピッタリ!!

描かれている"不安定な安定"が段々と変わり、

大好きな人と分かり合っていくところに

心がぽかぽかしました(/ω\)

 

ぜひ、「ほっとママシネマ」にも『きいろいゾウ』にも

興味を持ってもらえれば良いな、と思います\(^o^)/


一緒に取材に行ったKanAの記事にもほっとママシネマについて書いてあります!こちらもご覧ください。

http://www.edusys.jp/mukogawa-u/mukolog/2013/03/movix-1.html

 

MOVIXほっとママシネマ

http://www.hotmama-cinema.jp/

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動][映画体験記]

カテゴリ

2019年5月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.