シネマ歌舞伎『ふるあめりかに袖はぬらさじ』

日本語日本文学科のひらひらです(^^

 

先日、MOVIXココエあまがさきの映画館に行きました。

映画館で見てきたのは、なんと・・・歌舞伎です!

みなさん、MOVIXさんの「シネマ歌舞伎」をご存じですか?

MOVIXさんの映画館では、歌舞伎作品を上映しているのです!

この日は、その上映作品の中から、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』を見ました。

『ふるあめりかに袖はぬらさじ』は、幕末の遊郭が舞台のお話です。

横浜にある遊郭「岩亀楼」で、ある遊女の死をきっかけに、芸者のお園がついた嘘。

その嘘が、多くの攘夷志士を巻き込んでいく・・・。

 

主演のお園は坂東玉三郎さん。


仕草や話し方がとてもおもしろく、お園が登場するたびに、「次は何をするんだろう」とわくわくしました。

遊女の中村七之助さんは、かよわい女性の雰囲気があり、とても美しかったです。

特に、恋仲の藤吉を思いやる場面が健気で、印象的でした。

また、市川海老蔵さんの声も舞台だとよりいっそう深みがあり、改めて良い声だなと思いました。

 

歌舞伎役者の方をテレビで目にすることも多く、

一度歌舞伎を見てみたいなぁ、とは思っていたものの、

初心者だったらどんな演目を見たらいいのか・・・(・_・?)

そもそも歌舞伎を見て理解できるのか・・・?(^0^;)

といろいろ不安でした。

 

しかし、行き慣れた映画館で、チケットも2000円なら、

学生でも気軽に見ることができます(^0^)

 

内容も笑ってしまうところがたくさんあって、楽しく鑑賞することができました!

難しそうだと思っていた歌舞伎を「おもしろい」「また見たい」と思えるようになりました。

 

みなさんもぜひ、映画館で歌舞伎を見てみてください!

 

日本語日本文学科3年 ひらひら

カテゴリ:[大学周辺地域情報][学生広報スタッフの活動][日本語日本文学科][映画体験記]

カテゴリ

2020年7月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.