『人類資金』の舞台挨拶を見に行ってきました★

こんにちは(^0^)!

 

日本語日本文学科3年のひらひらです。

 

MOVIXあまがさきで行われた『人類資金』の舞台挨拶を見に行ってきました!

『人類資金』は、敗戦直前に隠されたといわれる日本軍の秘密資金「M資金」を軸に、世界経済が揺れ動き、それを様々な人の視点で見つめることのできる映画です。

壮大なテーマのようですが、お金という身近な存在の恐ろしさについて考えさせられます。

 

経済に関しては難しい部分もありましたが、張りつめた空気の中でのアクションや、発展途上国の人の現状など、緊迫感のある場面の連続で、あっという間の140分でした。

 

そして、上映後・・・舞台挨拶にいらっしゃったのは、阪本順治監督と主演の佐藤浩市さん(!!)

 

さっきまでスクリーンの中にいた人がそこにいるのが信じられず、しばらくは幻かと思いました...

が、本物でした!(笑)

 

佐藤浩市さんは、撮影中のおもしろいエピソードを次々とお話ししていました。

共演者の方のおちゃめなアドリブなど、映画本編の真剣な場面からはとても想像できませんでしたが、和気あいあいとした現場の雰囲気が伝わってくるようでした。

 

阪本順治監督は、「東京オリンピックが決まり、経済が盛り上がっていくであろうと思われるこの時期に経済をテーマとした映画を上映できてよかったです」とお話しされていました。

 

監督が映画に込めた気持ちを生で聞くことができて、少しでも多く、この映画に込められたメッセージを受け取ることができたのではないかと思います。

 

日本語日本文学科3年 ひらひら

カテゴリ:[学生広報スタッフの活動][映画体験記]

カテゴリ

2019年5月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.