【映画体験記】47RONIN(フォーティセブン・ローニン)

こんにちは。

食物栄養学科4年生のみちこと情報メディア学科4年生のあけみです!

今月は「47RONIN(フォーティセブン・ローニン)」の映画取材に行ってきました(*^_^*)

 

【あらすじ】
鎖国当時。日本諸国は、徳川綱吉将軍(ケイリ―=ヒロユキタガワ)率いる武家の支配のもと一応の安寧を保っていた。諸国の一つに、名君・浅野内匠頭(田中泯)を領主とする、播州赤穂があった。どこからとも知れず赤穂に流れてきた異端児・カイ(キアヌ・リーブス)は、命危ないところを浅野の温情で助けられて以来、彼のためなら命にかえても、その恩に報いたいと思っていた。

ある夜、浅野が吉良上野介(浅野忠信)に切りかかるところを、赤穂を訪れていた綱吉に目撃されてしまい、切腹を命じられる。浅野家は取り潰され、家老・大石内蔵助(真田広之)はじめ家臣たちは禄を失い、浪人へと身を落とす。赤穂は吉良の領地となり、大石は地下牢に押し込められ、浅野の娘ミカ(柴咲コウ)は1年の喪明けに吉良との結婚させられることとなり、カイは出島のオランダ人に奴隷として売られてしまうのだった。

一年後、牢から出された大石は、妻・りく(國元なつき)、息子・主税(赤西仁)と再会し、亡き主君を慕う家臣たちと、吉良の陰謀の敵討ちに立ち上がることを決意した。血判で決意を誓った四十七士の、壮絶な戦いが始まった・・。

【解説】
かつて鎖国時代の日本は、海の外の国々にとって「神秘の地」だった・・。
今年一番の3Dアクション超大作『47RONIN』。ハリウッドの一流スタッフと日米豪華キャストが総力を結集した今作は、日本の史実をベースとしつつも、まったく新たなイマジネーションとCG映像により、誰も見たことがない物語を誕生させた。 「未体験の忠臣蔵」ともいうべきスケール、アクション、全てが型破りの戦いが、いよいよスクリーンで燃え上がる。

 【おすすめポイント】
このハリウッド映画に関わっている日本人キャスト陣に注目。 『ラストサムライ』以降、今や日本を代表するハリウッド俳優となった真田広之。『バトルシップ』『マイティ・ソー』など、近年ハリウッド大作への出演が続く浅野忠信。『バベル』『パシフィック・リム』の菊池凜子は、あやしい魅力と妖力を持つミヅキを演じる。 そして今作がハリウッドデビューとなる柴咲コウと赤西仁。前者は凛とした美しさと守りたくなるようなはかなさを併せもつ魅力が、後者は若き侍を演じきるフレッシュさが見どころ。 さらに今作では、『光圀伝』や『天地明察』など人気歴史作品で知られる作家・冲方丁氏が日本語字幕を全面監修しており、作品の世界にさらなる深みと説得力を与えている。

 【公開日】
2013年12月6日(金)

【キャスト】
キアヌ・リーブス、真田広之、浅野忠信 他

【スタッフ】
監督:カール・リンシュ
脚本:クリス・モーガン
本編字幕監修:冲方丁

【配給】
東宝東和

【制作年】
2013年

【上映時間】
121分

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【感想】
~豪華キャストのアクションに魅了されました~
忠臣蔵をモチーフにしたファンタジーアクション!
非業の死を遂げた主君の敵を討つべく集まった47人の浪士と異端の混血のサムライが協力し、数々の試練を乗り越え決死の戦いに臨む...
新しい世界観で描かれていて新鮮な気持ちで見ることができました。アクションがとても印象的で、戦うシーンではスピード感や臨場感にあふれ、ドキドキハラハラしながら楽しむことができました。また、キアヌ・リーブスを始め、日本の名優たちの演技も必見です。とくに真田広之の迫真の殺陣シーンでの菊池凛子さんの妖艶な姿が忘れられません!
色彩も独特で場面にあった特徴的な色遣いがより映像をひきたてていました。妖怪などのCGもきれいで映像美が素晴らしかったです。

みちこ

 

~壮大な歴史ファンタジー~
最初から最後まで目が離せませんでした。
「忠臣蔵」を題材にしているため、時代劇要素が強いのかと思いましたが、違いました。
アクションはもちろん、ファンタジー要素も多く、全く新しい「忠臣蔵」です。しかし日本の「武士道の精神」がしっかりと伝わってくるストーリーです。特にハラハラドキドキさせられたのが、冒頭とラストのシーン。「サムライ」の戦いから、1秒たりとも目が離せません。
キャストは世界的スター、キアヌ・リーブスや真田広之、柴咲コウ、赤西仁など、とても豪華で男女関係なく楽しんでいただけると思います。また、悪役の菊池凜子の演技にはゾクゾクさせられます。皆さんもぜひ、「サムライ」の時代へタイムスリップしてみてください。

あけみ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カテゴリ:[学生広報スタッフの活動][映画体験記]

カテゴリ

2019年5月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.