【映画体験記】ノア 約束の舟

こんにちは(^▽^)/
生活環境学科3年生のしょーこと英語文化学科3年生のあおむで映画取材に行ってきました!

今月はノア 約束の舟です。

 【あらすじ】
ある夜、ノア(ラッセル・クロウ)は眠りの中で恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。大洪水が来ると知ったノアは家族と共に、罪のない動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める。しかし敵が舟を奪おうと立ちはだかる。箱舟に乗ったノアの家族の未来とは?人類が犯した罪とは?そして世界を新たに創造するという途方もない約束の結末とは―?

【解説】
人類史上最古にして最大の謎「ノアの箱舟」伝説が、いま解き明かされる。ラッセル・クロウと『ブラック・スワン』でアカデミー賞監督賞にノミネートされたダーレン・アロノフスキー監督が贈る壮大なスペクタクル感動巨編!

【おすすめポイント】
主役のノアを演じるのは『グラディエーター』でアカデミー賞を受賞したラッセル・クロウ、ノアの妻役には『ビューティフル・マインド』でラッセル・クロウと夫婦役で共演しアカデミー賞に輝いたジェニファー・コネリー。ノアの祖父役にアカデミー賞受賞の名優アンソニー・ホプキンス。さらには『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンやローガン・マーラン・ダグラス・ブースなど豪華キャストで贈る!

【公開日】
2014613日(金) 

【キャスト】
ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン 他

【スタッフ】
監督・製作:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
音楽:クリント・マンセル

【配給】
パラマウント ピクチャーズ ジャパン

【制作年】
2014

【上映時間】
138

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【感想】

~生命のつながり~

ストーリーも、緑が広がる景色も、とにかく壮大です!!

映画を見て、この地球に生きているすべての生き物に感謝を伝えたくなりました。なぜなら、両親だけでなく、今(現在)存在しているものや存在していたもの、過去の事象などのすべてがあってはじめて、私は今この世に生きることができているのだなと改めて感じたからです。今日まであらゆる生き物がつないできた生命の壮大さを知ることが出来ます!!

この映画では、太古の人間たちが争い合うシーンが出てきますが、そこにも注目してほしいです。何が善で何が悪なのか、そもそも善と悪とは何なのか、皆さんも悩むことになると思います。

そして、ノアの家族たちが持つ家族愛にとても感動しました。私たち人間の本能を揺さぶり、心に響くものが描かれています!!

日常の生活では出会うことのできない、壮大な物語が待っています♪

 しょーこ

 ~人間の心を深く描いた感動スペクタクル映画!~

ノア 約束の舟は旧約聖書の中にある物語、ノアの箱舟を元に映画化されたものです。

もちろん宗教的な物語に興味のない方でも、純粋に物語として十分に楽しめる映画なのですが、西洋の文化に興味がある方には、その文化を知る上でもとても良い機会になると思うのでぜひ見て欲しい作品です!

 今作では、ノアの箱舟のストーリーが壮大なスケールと美しい映像で描かれていて、本当に圧倒されるばかりでした。そのとても創造的な生き物や自然の美しい世界観は思わず息をのむ程です。

この映画では、主人公のノアが神のお告げに従い新しい世界を創る重大な役割をもつ存在としてだけではなく、家族を愛する父親であり一人の人間として描かれています。彼が抱く使命感と人間的感情の葛藤や戸惑いながらも彼を支える家族の気持ちが心に強く伝わってきます。絶対的な状況だからこそ、より強く感じられる家族愛に心を揺さぶられました。本当に感動的なストーリーで、ラストはとても温かい気持ちで迎えられると思います。

 あおむ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カテゴリ:[学生広報スタッフの活動][映画体験記]

カテゴリ

2020年7月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.