物書きたちの日常〜文芸部長期取材第1回ミーティングのこぼれ話〜

こんにちは!
日本語日本文学科3年生の文子と情報メディア学科2年生の鯵、心理・社会福祉学科2年生のにこ、生活造形学科1年生のいわいちゃんです!
私たちは6月26日に文芸部さんとこれから長期間にわたる取材を円滑に進めるためのミーティングを行いました(*^▽^*)
IMG_8607.JPGのサムネイル画像
文芸部さんからは、生活環境学科3年生の松岡七海さんと心理・社会福祉学科3年生の上田友理さんが参加してくださいました。
ミーティングでは、これからの取材についての打ち合わせや、部活を始めたきっかけなどをお伺いしました!
文芸部さんの具体的な活動については、後日Mukojo Collectionで紹介します♪
取材をしていく中で、Mukojo Collectionでは紹介しきれなかったけれど面白いお話をたくさん伺うことができたので、このブログ記事でご紹介します(*^^*)
IMG_8588.JPG
Q.書く内容はどのようにして決めていますか?
週に一度、部員が集まる部会で決めています。それぞれ取り扱いたいテーマを自由に発表し、スケッチブックに書き込んで多数決で決定します。
Q.テーマにはどのようなものがありますか?
様々ですね。夏や太陽といった大きなテーマから、ココアやこたつなど身近で具体的なものまで、本当に様々です。
テーマには制限を設けていないので、時にはビニール袋や軽トラック、在庫一掃セールなどちょっと変わったテーマが意見で出てくることも。
多数決で外れちゃうんですけど、毎回もしビニール袋とかになったら何書こう...(笑)となっています。(笑)
★文化祭のテーマ決めの様子を取材させていただきました!
『花?天気?軽トラック!?~文芸部2017 文化祭テーマ決め~』
Q.部内での役割はありますか?
パートは3つあります。
・作品編集に携わる編集パート
・文化祭の販売物を担当する模擬パート
・部屋の展示を担当する展示パート
この3つです。
新入生の希望と引き継ぎのことを考えながら、役割を決めていきます。
取材をしているうちに、さらに深い話になっていきました。
一体どういう様子で物語を書き上げていくのか、「物を書くことについて」という話題で文芸部さんたちの話を伺うことができました(*^^*)♪
Q.いつもどういった時に物語を思い付きますか?
ふとした時に思い付きますね。あと夢の記録をつけて創作のヒントにする時もあります。
テーマが決まって、なんとなくお話のイメージはつくんですけど、文章に起こすのは難しいですね...。
少しだけ、ネタノートを見せていただきました。イラストや走り書きなど自由に書き込みがしてあり、創作活動の秘密を見せていただいているような気持ちになりました。
貴重なものを見せていただいて、ありがとうございました!
Q. 普段の創作では、どんなジャンルの物語を書きますか?
私たち2人は日常を取り扱うお話が多いですね。恋愛のお話や神話のお話など、人によって得意なジャンルが異なるので、テーマは同じでも様々な物語ができます。
お忙しい中、ミーティングに参加してくださりありがとうございました(*^^*)
これからも文芸部の活動を全力でお知らせしていきます‼︎ 次回はどんな取材記事になるか乞うご期待★
★文芸部さんの作品が載っています。ぜひご覧ください(*^^*)♪
ホームページ:http://mwbungeibu.web.fc2.com
 
カテゴリ:[2017年度 部活動長期取材][クラブ・サークル][取材][学生広報スタッフの活動][文芸部][部活紹介]

カテゴリ

2019年5月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.