私たちにもできる復興支援 ~チャリティーバザー~

こんにちは。情報メディア学科4年生のホーリーと、日本語文化学科1年生のことりです。

文化祭実行委員が運営するチャリティーバザーと手作り石けんのハンドメイド教室の取材に行ってきました!!!!

文学2号館3階の33の教室で行われているチャリティーバザーでは、本や洋服、スマートフォンのカバーなど多種多様の商品が置いてあり多くの人でにぎわっていました!!
この商品は、学内にポスターを貼ったり、MUSESで呼びかけ集めたそうです。
準備期間は、約半年。学生課に何度も足を運び、準備を進めたそうです。

syouhin.jpg
隣の教室では、手作り石けんの教室が行われていました。親子連れの姿が多く、一緒に石けん作りを楽しんでいました!!
20分で完成し、石けんを冷やし固めないといけないため、30分後にお渡ししてくれるそうです。とてもカラフルでかわいらしいく、アイスキャンディーのような見た目で、こんなきれいな石けんがあるんだ!と思いました。

kyanndoru.jpg
チャリティーバザーと手作り石けんの収益金は、熊本地震の支援金として熊本県庁に全額寄付されます。
復興支援と聞くと、実際に何をしたらいいのか分からないけれど、このようなチャリティーバザーだと、学生でも気軽に支援に参加することができると感じました。

カテゴリ:[キャンパスライフ][取材][学生広報スタッフの活動][文化祭取材][第62回文化祭(2017年)]

カテゴリ

2020年7月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.