新生活のすゝめ ~継続は力なり~

こんにちは!日本語日本文学科3年生のおがちゃんです(^^)/

新入生の皆さん!大学生活には少しずつ慣れてきましたか?

将来の夢に向けて資格取得に取り組みたい、部活動やサークルで活躍したい・・・など、大学生活の過ごし方は十人十色です。

また、これから自分なりの過ごし方を見つけたいという方もいるかもしれません。

そこで、皆さんより少し先輩の私から

"大学生活を充実させる秘訣"をお伝えしたいと思います♪

新生活に期待で胸を膨らませているあなたに、不安に思っているあなたにとって、この記事が少しでも後押しとなればうれしいです

私は、大学1年生の頃から日記を書いています。


"日記"と聞くと、皆さんの中には「面倒なもの」「続かないもの」というマイナスなイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、ちょっとした出来事や感情を日々書き留めておくことで、物事を深く考えるきっかけになります。


ここで、私が思う日記を書くメリットをご紹介します♪



 

 



◆発想力豊かに

日記を書く上で、1日の終わりにその日を振り返った時、今日はよく頑張った1日だった、今日は何でもない1日だった、今日は一生の思い出になる1日だった・・・と、1日1日をどう過ごせたかを日々考えるようになり、家族や友達など、身近な存在についても深く考えるようになります。

"今日と同じ日は絶対にやってきません"

当たり前のようで、普段はなかなか感じることのないようなことも、日記を通して実感することができます。1日1日を無駄にしないようにしようという意識が生まれます。


◆日々、プラス思考に

日記は書くだけでなく、読み返すことができるというのもメリットの1つです。日記を書いていなければ、何でもない1日のことは思い出すことはないかもしれません。

もちろん、日記を書く余裕すらないほど落ち込む日もあります。そんな日は白紙のページを見返すだけで、その思い出が蘇ってきます。

日記を書くにあたって1日を振り返った時、楽しかったことを探すようになり、自然と前向きな気持ちで日々を過ごすようになります。


また、過去を振り返ることで今の自分と比べることができ、成長を実感することができます。











日記を書き始めたきっかけは、1年生の頃の授業課題でした。

日々の出来事や時事問題をノートに記し、半期に一度先生に提出します。


ただし、"他の人が読むことを意識した文章を書くこと" これが条件でした。


それからというもの、その日の出来事や感情をなんとなくノートに書き残していました。




しかし、書き始めて数ヶ月。

ふと1ページ目からノートを振り返った時、私のノートは


"単なるメモに過ぎない" ということに、気がついたのです。

と同時に、目的もなく、ただなんとなく日々を過ごしていたこと、1日1日を当たり障りのない文章で簡潔にまとめていたことが恥ずかしくなりました。


その気付きを得てから、誰が読んでも出来事がありのまま伝わり、感情を共有できる文章を書くことを心掛けました。すると、発想力やプラス思考が自然と身に付きました。


同じ時間をかけて書いていた文章も、考え方一つで見違えるほど自分にとって価値のあるものになりました。





1年生の間だけの単なる課題であったありふれたノートも、今では3冊目に突入しています。パラパラとページをめくるたびに成長を実感できるこのノートは、私の宝物です。



IMG_20190418_101810 (2).jpg





日記を例に、私が一番に伝えたいことは、"継続することの大切さ"です。日記の押し売りではありません(笑)


何事も21日間継続すると習慣化すると言われています。

「継続は力なり」ということわざもあるように、

小さなことからコツコツと継続することで、必ず得られるものがあるはずです。大学生活を充実させるチャンスは、案外意外なところに転がっているかもしれません❁

カテゴリ:[4月][Blogress~Muko Log向上委員会~][いまどきの武庫川女子学生][キャンパスライフ][学生広報スタッフの活動]

カテゴリ

2019年5月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.