夢の持ち方・叶え方~未来は自分で変えられる~

こんにちは!

 

応用音楽学科1年生の町子と情報メディア学科1年生のさかなです。

 

2019年6月7日、田中孝治さんによる講演会『夢の持ち方・叶え方~未来は自分で変えられる~』が開催されました!

会場には約200人の学生が集まりました。

 

皆さんは将来の夢は"かなえるもの"と思いますか?"見るもの"だと思いますか?

 

続きが読みたい方はクリック!

 

田中さん曰く、夢は"かなえるもの"!!

夢の持ち方は自由ですが、人は誰しも自分の人生を自由に選択できます。

それを知っている事が大切です。

 

ここで田中孝治さんについてご紹介します


大阪芸術大学舞台芸術学科演劇コースを卒業後、数多くの舞台、テレビ、ラジオ、映画に多数出演。その後・・・2005年に芸能界を引退。 

その直後、タレントの清水国明さんが山梨県富士河口湖町のキャンプ場「森と湖の楽園」に劇場をオープンさせると聞き、劇場支配人として運営に携わります。

オープン当初は芸能人がやっているキャンプ場ということで、大きな利益が得られました。しかし、2008年には40名いたスタッフが4名になり倒産のピンチに見舞われます。

ところが、清水さんは「楽しく好きな事をやろう!」と語り、残った4人のスタッフは本気で楽しむことにしました。

すると、1年後には来場者数が倍になり、奇跡のV字回復を果たしたのです。

要因は田中さんが企画提案した体験型野外研修。現在、田中さんは最も予約がとれないワークショップ型企業研修講師としてご活躍されています。

 IMG_1973.JPG

 

このV字回復で田中さんが学んだこと

それは、"自分の人生は自分で選択できる"ということです。

「夢はかなえるもの」と、とらえるか、「夢は見るもの」と、とらえるかで結果が変わってくるのです。

 

きっとみんな、夢のために何をしたらいいのかを知っているけれど、行動に移せていないのではないかと思います。

では、なぜ行動できないのか。それは思い込み、潜在意識があるからです。

決め付けるのはもったいない!自分たちには選択肢があるのです。人生を計画し、ゴールを決めて、今するべきことを決めましょう!

 

...ですが、「明日からやるぞ!」と決めた人が次の日に行動できる確率は100人に1人だそうです。さらに、それを習慣にできる人は10,000人に1人だそうです。

 

自分はこの100人に1人になれるか不安になりますね。でも大丈夫です!

実は、「明日から行動したくなる」ような研修が丹嶺で行われます!!

 

 

後日、田中孝治さんに取材してきました!

田中さんは、すごく気さくな方で、お話が面白く、あっという間に取材時間が経ちました。

 IMG_2039.jpeg

「今日も楽しい1日が始まった!」これは田中さんが毎朝唱える言葉です。

あえて過去形にすることで、自然と楽しい方向に足が向き、本当に楽しい一日になるそうです。

私たちが思い描く夢も同じで、「夢がかなう」と思うと潜在意識の中で、その夢に近づこうとします。

その第一歩として、【夢を叶える合宿研修in丹嶺】に参加してみませんか?

 

【夢を叶える合宿研修in丹嶺】とは?

参考書はありません。参加するメンバーが主役であり、テキストになります。

この体験で得るものは大きく、何年経っても忘れない、記憶に残る体験型野外研修です!

 

過去に参加した方々は、

  •  それぞれ違った夢、想いを持っていて、刺激的で楽しい!
  •  夢を見つける第一歩になった!
  •  いつまでも夢を持ち続けたいと思える!
  •  たき火で本音を語り合ったのは忘れられない!
  •  個人で参加する人ばかりなのに、すぐに絆が生まれた!

 

 

研修の様子を見たい方はこちら!

昨年の研修です!

夢を叶える合宿研修in丹嶺

 

2018年度 丹嶺研修ブログ

 

 

合宿研修では、誰でも物事の価値観が変わる

学部・学科に関係なく参加者がいるので、さまざまな意見が聞けて、視野が広がり、新しい発見があります。

そのため、夢・物事に対しての価値観が変わるのです!

 

「夢を持たなくちゃ」と思っている方。そのような考えは必要ありません。「いつか夢を持つタイミングがくる」と思えば、無理して持つことはしませんよね。

少し価値観を変えることで、不安・不満が解消されるのです。

また、研修中に「他のことにも挑戦したい!」と思うようになり、選択肢が増えるかもしれません。

 明るさ修正済 IMG_2052.JPG .JPG

合宿研修は絶対に損は無い、すてきな体験になります!

少しでも興味がある方、ぜひ参加してみてください。濃い一泊二日になることは間違いありません!

 

この夏、夢をかなえる一歩を踏み出しませんか?

 

 

講演会と取材を通して

講演会後、自分自身の行動が変わりました。「夢はかなえるもの」と考えを持つだけで、気の持ちようが違います。これは、田中さんの波乱万丈な経験があってこその考えだと感じます。多くのことに挑戦し、経験を重ねていく。そうすれば、田中さんのように、自分に合った、自分の考えが生まれるのではないかと思いました。講演会を含め、取材までさせいただき、本当にありがとうございます。

 

(応用音楽学科1年生 町子)

 

田中さんのお話には、自分の中に今までは無かった考えがたくさんあって、面白かったです。私にも夢があるので、夢への自信につながりました。田中さんの考えを参考に頑張っていこうと思いました。

田中さん、ありがとうございました!

 

(情報メディア学科1年 さかな)

カテゴリ:[取材][学生広報スタッフの活動]

カテゴリ

2020年7月

M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.