「CAREER FOREST」 なりたい自分に出会う場所

こんにちは!

情報メディア学科1年生の いちこです。

 

 今回は6月16日(日)に開催された大学キャリアミーティング(※1)主催のイベント「CAREER FOREST」のレポートをお送りします!

とても楽しいイベントだったので、皆さんにも知っていただきたいな!と思い、ブログにしました☆

 そもそも「CAREER FOREST」って?ということから説明します。

CAREER FOREST」とは

 武庫川女子大学を含む8大学合同(※2)のキャリアイベントで、大学1,2年生を対象にしたプレインターンシップ体験ができるイベントです。

参加企業はNHK大阪放送局や大和ハウス工業株式会社、TIS株式会社、ネスレ日本株式会社、吉本興業株式会社など全14社です。

たくさんの社会人の方、そして他大学の学生とも交流できるイベントです。

 そして「CAREER FOREST」というだけあって、それぞれの企業ブースは芝生で区切られており、その上にみんなで座ってグループワークなどを行います。

芝生の上でのイベント?と最初は思いましたが、実際に行ってみると、その空間は優しくて落ち着くような空間でした。

芝生.png

 

次に当日のイベントの流れを紹介します。

12時~17時までの5時間のイベントで、大きく分けて

①     若手社会人によるパネルディスカッション

②     企業プログラム

③     フリータイム

④     グループワーク

の4つのプログラムでした。

②の企業プログラムでは参加企業2社(指定制)でプレインターンシップ体験ができました。

 

 大学1,2年生向けとはいえ、やっぱり2年生が多いのかなと思っていましたが1年生もたくさん参加していてとても驚きました。

さて、私がこのイベントに参加した理由はというと、「プレインターンシップを体験してみたかった!」「気になる企業が参加していたから」です。

実際に行ってみて、周りの学生さんに参加した理由を聞いてみると「ゼミの先生に勧められた」「なんとなく目に留まったから」などなどさまざまな理由での参加でした。

 

 では、各イベントの内容を紹介していきます!

 ①     若手社会人によるパネルディスカッション

3人の若手社会人の方が登壇し、「1日の仕事の流れ」や「仕事をする上で大切にしていること」、「大学生活中にしておくべきこと」などをお話してくださいました。

全体.png

"大学生活中にしておくべきこと"として「インターンシップに参加する」「たくさん社会人と交流する」「目標を持った行動をする」「大学生活中にたくさんお金を稼ぐことを体験する」というお話がありました。たくさんの社会人の方と接する機会を持って広い世界を知ること、インターンシップでいろいろな企業を知ることが、就職する企業を決める際に、とても役に立ったということでした。

普段こういう形で大学生活中にした方が良いことなどのお話を聞く機会はあまりないので、とても参考になりました。すぐに行動に移せそうなことも多かったので、私も積極的に始めてみようかなと思いました!

 

 

 ②     企業プログラム

先ほども書きましたが、この企業プログラムでは参加企業2社(指定制)でプレインターンシップ体験ができます。

私は1社目に大和ハウス工業株式会社、2社目にNHK大阪放送局での企業プログラムに参加しました。

大和ハウス工業株式会社での企業プログラムでは「街づくり」を通して、生活の中に広いアンテナを張ること、お客様目線でなく、プロの目線で物事を考えること(視点を変える)などを学びました。

世の中のためを思って活動するには、ほんの小さなことにも目を向けることが大切だ」 というお話は、「街づくり」だけでなく、全てのことに共通することだなぁと思いました。

2社目のNHK大阪放送局での企業プログラムでは「土曜日23時 新社会人向けの30分番組を考える」というプログラムを体験しました。

NHK1.png

グループで自分のいま知りたいこと、気になっていることの意見を出し合って、それをもとに番組の内容を考え、最後にグループで考えた番組を発表するという内容でした。

2NHK.png

生活する上で気になることや、ふとした気付きなど何からでも番組を作ることができることを知りました。「人生の体験のすべてが番組として形になる」「好きを突き詰める」というNHKの方のお話は、とてもかっこいいなと思いました!

 

 ③    フリータイム

フリータイムでは、企業プログラムの指定2社では話を聞くことが出来なかった企業や、自分の気になる企業へ話を聞きに行くことができます。

一つの企業でじっくり話を聞くのも良し、色々な企業をまわってみるのも良し!な自由な時間でした。

 

 ④     グループワーク

最後のプログラムとして、「このイベントでの気付きや学びを振り返り、今後の大学生活の目標設定」をし、他の学生と意見交換をするグループワークが行われました。

私がこのイベントを通して学んだことは

・広いアンテナを持ち、色々なことに興味を持ってとりあえず取り組んでみること

・ふとした気付き、好きの気持ちを大切にすること

・たくさんの大人と話し、広い世界を知ること

です。

 それを踏まえ、大学生活の目標設定として"学生広報スタッフの活動にしっかり取り組む"ということをあげました。

他の学生からは"ボランティアに参加する""人見知りをなくす"などの意見が聞かれました。

学生一人ひとり、吸収したものが違い、いろいろな意見や目標があって、グループワークはとても盛り上がり、楽しかったです!

 

以上がイベントの内容でした。

 

 最後に、私自身、こういうキャリア系のイベントに参加したのは今回が初めてでしたが、1,2年生向けということもあってか、会場も終始和らいだ雰囲気だったので緊張することはあまりなく、とても楽しかったです。

こんなにたくさんの社会人の方とお話できる場所はあまりないのでとても新鮮な気持ちでした。

 そして他大学の学生がフレンドリーに接してくれるのはもちろん、参加している企業の方もとても優しくお話してくださるので、インターンシップとか難しいのかなと思う方こそぜひ参加してほしい!と強く思います。

 

 最後に、長くなりましたが、ここまで読んでいただき本当にありがとうございました!

こんなイベントがあるということを知ってもらえたり、「こういうキャリア系のイベントに参加してみようかな」と思っていただけたら嬉しいです!

 

1 関西にある国立、私立8大学のキャリア教育に関わる職員が集まり、低年次からのキャリア教育の充実を目的として2017年に発足

2 追手門学院大学、大阪大学、大阪体育大学、京都橘大学、京都文教大学、武庫川女子大学、桃山学院大学、龍谷大学

 

~Special Thanks~

写真提供:NHK大阪放送局様

本当にありがとうございました!

カテゴリ:[いまどきの武庫川女子学生][キャンパスライフ][他大学交流][取材][学生広報スタッフの活動][就職][情報メディア学科]

カテゴリ

2019年7月

M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

copyright(c)1998.4.1 Mukogawa Women's Univ. All rights reserved.