秋季シンポジウム

平成22年度 第20回秋季シンポジウムを開催いたしました

2010.11.20

味の伝統とサイエンス

当研究所恒例の秋季シンポジウム、本年は「味の伝統とサイエンス」というテーマで開催いたしました。

生活美学研究所開設20周年を祝う今年度、年間統一テーマに「味」を選び、文化と科学の両面から新たな生活美学の可能性を会員とともに探ってまいりました。

秋季シンポジウムでは、研究所設立以来のテーマ、「広く学芸と生活の中に息づく美学」を、伝統文化の味覚研究と科学分析から探りました。

 

講演者
伏木 亨氏:京都大学大学院 農学研究科教授
大西 睦子氏:德家 女将
高田 公理氏:佛教大学 社会学部教授

日時

2010年11月20日(土) 13:30〜17:15

場所

武庫川女子大学 甲子園会館 西ホール

参加費

無料

終了しました

 

次 第

13:00
受付開始

13:40
講演1「おいしさを科学する」 伏木 亨氏

14:30
講演2「伝統の味、鯨食文化と共に」大西 睦子氏

15:50
パネルディスカッション
参加者:伏木 亨氏、大西 睦子氏、高田 公理氏
進 行:藤本 憲一(生活美学研究所)
総合司会:横川 公子(生活美学研究所)

17:15
閉会