その他イベント

第3回スマートライフフォーラム「きのこをたのしむ」を開催いたしました

2017.2.16

武庫川女子大学生活美学研究所 第3回 スマートライフフォーラム
「きのこをたのしむ」を開催いたしました。

松井先生
松井先生の講演

竹内先生
竹内先生の講演

会場の様子
会場の様子

木田先生
木田先生の講演

稲葉先生
稲葉先生の講演

パネル
パネルディスカッションの様子

170311スマート裏

開催日

  2017年3月11日(土)12:00~17:00

場所

  武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)西ホール
  兵庫県西宮市戸崎町1-13 (最寄駅:JR「甲子園口」駅)

定員

  200名(要申込・先着順)

申込方法

  TEL・メールにて、お名前、ご連絡先をお知らせください。

参加費

  無料

主催

  武庫川女子大学生活美学研究所

後援

  兵庫県

協力

  ひょうごの美味し風土拡大協議会

参加ブース

  マルカン酢株式会社
  兵庫県認証食品のしいたけ生産者
  宮本 三知 氏、山下 義人 氏
  ※きのこ料理の試食、しいたけやマッシュルームなどきのこ関係食品、
   マルカン酢商品販売を販売を西ホールにて行います。
   試食用マッシュルーム提供:扇港興産(株) (兵庫県認証食品)

プログラム

12:00 受付・物販開始(西ホール)

13:30 開 会 司会:松井 徳光(生活美学研究所員)
        挨拶:森田 雅子(生活美学研究所長)

13:40 講演1「きのこの今昔、人類に貢献するきのこ」
        松井 徳光 氏(武庫川女子大学食物栄養学科 教授)

14:10 講演2「新しい美味しさを求めて、きのこの開発」
        竹内 和弘 氏(株式会社ミナカワ菌茸開発研究所)

14:40 休憩

15:10 講演3「きのこ料理の魅力」
        木田 マリ 氏(料理家・フードコーディネーター)

15:40 パネルディスカッション

16:10 閉 会

17:00 参加ブース販売終了

講師紹介

  松井 徳光(武庫川女子大学食物栄養学科教授)
■職歴・経歴
京都大学化学研究所での日本学術振興会特別研究員を経て、
1990年から武庫川女子大学の助手、講師、准教授、2006年から同子大学生活環境学部教授。
この間ドイツに留学。学生部長を兼任。
専門は食品微生物学で、研究テーマは「きのこの発酵能を用いた機能性食品の開発」。
「世界一受けたい授業」などテレビ出演、新聞掲載、学術論文多数。
キノコ界のノーベル賞「森喜作賞」を受賞。日本きのこ学会「学会賞」を受賞。

 竹内 和弘(株式会社ミナカワ 菌茸開発研究所所長)
■職歴・経歴
1971年埼玉県生まれ。
1995年近畿大学農学部卒業。キノコの種菌製造販売他を取扱う
「株式会社千曲化成」の種菌研究課に配属。
原種菌製造、品質管理、新品種開発等の研究、栽培指導他、キノコ栽培事業に関わる業務に携わる。
2009年より菌床シイタケ製造販売他の「株式会社ミナカワ」の菌茸開発研究所の所長に就任。
1997年に開発したエノキタケ品種「チクマッシュT-011」は多くの栽培者からの評価を得て、
全国のほぼ全てのエノキタケがこの品種となった時期もあった。

 木田 マリ(料理家、フードコーディネーター)
■職歴・経歴
テレビ料理番組「キューピー3分クッキング」のディレクターを経て、
現在は料理家・フードコーディネーターとして活動。
食関連企業へのメニュー・レシピ提案、広告や雑誌、Webサイトなどに掲載される料理作成、
原稿執筆、料理教室講師などの業務のほか、
各種テレビ番組で食コーナーのアドバイザー兼コーディネーターも担当。
特にきのこ料理に精通している。日本きのこ学会評議員。きのこマイスター。

 稲葉 一明(NPO法人コウノトリ市民研究所主任研究員)
■職歴・経歴
大阪府豊中市出身。昭和56年神戸大学農学部卒業、兵庫県入庁。
兵庫県立川西緑台高校生物部でキノコ班長として活動。
昭和56年より豊岡市在住。平成10年コウノトリ市民研究所立ち上げ時より参加。
但馬の野山でキノコ、山菜採集を趣味として活動。

お問合せ・申込先

武庫川女子大学生活美学研究所
TEL:0798-67-1291  

  
※終了いたしました