ブログ・コラム

美研工房3日目〇縫製

2019.2.27

美研工房では、日頃研究所でしている研究内容を学生に還元するために
武庫川女子大学特別学期特別教育科目として講義をしました。

本研究所の助手である前川多仁(染織)、泊里涼子(木工)、酒井稚恵(テキスタイル)が講師となり、
「木製スプーンとスプーンケースをつくってエコライフ」題し、
2019年2月18日(月)、19日(火)、26日(火)の3日間に渡り、講義をいたしました。
3日目の2月26日(火)は酒井稚恵によるスプーンケースの縫製の実習をしました。

DSCN1389

染めた布を広げて、トリミングして素敵な部分を探します。

ケースの内側になる裏地も、合せて選んで、採寸・裁断していきます。

 

DSCN1398

 

初めての動力ミシンを緊張の面持ちで使い、丁寧に縫製していきます。

 

DSCN1408

 

紐やループエンドを選び、刺繍やかざりつけを施しました。

 

 

DSCN1406

紐をほどくと、皆さんが作った木のスプーンがぴったりと収まっています。

世界にひとつだけのスプーンと、スプーンケースが完成いたしました。

 

*写真掲載に当っては、学生の許可を得ております。