• 国家試験まで156日
  • 2018年09月14日
  • 看護科学館1階に最近、掲示されたもの…

    国家試験までのカウントダウン

    全員合格に向けて、1年生から模擬試験や国試対策講座を開講しています。

    みんなが見やすいように掲示を工夫する池田七衣先生

    Google Classroomを使った自己学習「新・CJC企画」もあります。

    めざせ、合格率100%!

  • 最後の実習
  • 2018年09月07日
  • 久しぶりに4年生が一同に会しました。
    統合看護学実習のオリエンテーションです。

    これまで学内の授業や臨地実習で学んだ知識と技術を統合し、
    複数の患者さんのケアの方法を考えたり、
    リーダーシップやメンバーシップの実際や看護管理の視点を学んだりする実習です。


    スライドには大きく赤丸で「済」と書いてあります。
    2年生から数々の実習を終えてきました。

    実習施設別のオリエンテーション

    いよいよ最後の実習。がんばろう!

  • 葉月のオープンキャンパス
  • 2018年09月05日
  • 8月10日(金)11日(土)にオープンキャンパスが開催されました。

    8月は木々の紅葉や落葉が始まる「葉月」という秋を感じさせるような呼び名がついていますが、本日も中央キャンパスから看護科学館まで歩くだけで、汗だく・びしょぬれの酷暑でした。

    今回も多くの高校生・保護者にご参加いただきました。

    初日は岩佐真也先生(上)
    2日目は徳重あつ子先生(下)による学科紹介

    松井菜摘先生の「家庭訪問時の体重の測り方」の演習

    上田記子先生の、モデル人形を使ったバイタルサイン測定

    高齢者体験(老年看護学)

    実習室の模型やシミュレーターに興味津々

    北尾美香先生の赤ちゃんの心音聴取

    お世話をしないと泣き出すベビー人形に
    学生がやさしくおむつ交換の実演

    「妊婦さんになってみよう」体験(母性看護学)

    在校生の体験を聞ける学生相談コーナーは本日も大盛況!

    10日(上)11日(下)のオープンキャンパスを盛り上げてくれた学生さん達

    8月のクイズラリーはこちらでした。
    以下の写真が答えです。全問正解できましたか?


     
     
     

    武庫川女子大学に進学されて、ともに学べることを楽しみにしています。
    猛暑の中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

    9月30日(日)は今年度最後のオープンキャンパスです。
    初参加の方、リピーターの方、どちらもお待ちしております!

  • 大学院生さん紹介:修士課程 保健師コース 1年 岡部 芳美さん
  • 2018年08月30日
  • 岡部 芳美さん
    大学院看護学研究科(看護学研究保健師コース) 修士課程1年(公衆衛生看護学分野)
    一般職から看護の道を決意し、専門学校卒業後すぐに当大学院に進学
    養護教諭の妹を持つ

    Q1.  今までの経歴:一般職から看護の世界に
    はじめは看護ではない大学を卒業して一般就職をしたんですが、祖母が倒れたのをきっかけに、人を助けられる仕事に興味を持ち3年生の看護専門学校に入学しました。その時点では看護師になろうと思っていたのですが、実習先で家に帰ることができない患者さんに出会い、健康であればその人らしく地域で過ごせるのにと感じていました。

    はじめは訪問看護師も考えましたが、訪問看護は病気になった後、保健師は病気になる前からかかわれるというところで、私の思いに合うのは保健師のほうだと思い進学を決めました。

    Q2.  武庫女の大学院で保健師を学ぶメリット:先生との距離が近いことやディスカッションができる
    実習で悩むこともありますが、理論を学べたり他の院生とディスカッションをすることで方向性が見えてくることも多いです。私の場合、専門学校卒業後すぐ大学院に進学したので、臨床経験が全くなくて初めは不安だったんですが、経験豊富な同期の院生たちから大切にしていることやアドバイスをもらえるので得るものは大きいです。

    実習や課題は大変ですが、保健師コースは人数が少ないので先生や先輩との距離が近く、とてもアットホームです。先生は丁寧に振り返りをしてくれたり一つ一つの記録に時間をさいてみてくれるのでとても安心できます。指導の仕方も、どこができていて、どこが課題なのかが的確に指導してくれるのでとても分かりやすいです。実習先の指導者さんからも助言をもらえて自分の課題を見つけることができるので、よい学びにつながっています。

    Q3.  大学院入試の受験勉強:看護の国試と英語(長文)の日本語訳をメインに
    看護の問題と英語の問題があるのですが、私は看護師国家試験の前日に入試だったので、看護は国試の勉強をしていました。英語は過去問を解き、繰り返し出てくる医学論文特有の英単語や熟語は暗記するようにしていました。主に英文を日本語訳する問題が多かったような覚えがあるので、文法の勉強よりも長文に出てきそうなテーマを日本語で理解しようとしていました。

    Q4.  研究テーマ:一人暮らしの男性高齢者への支援について
    実習を通して、一人暮らしの男性高齢者はとくに閉じこもりが多いことを実感しました。そこで、地域で生活できるように保健師としてどのように支援ができるのか研究してみたいと思っています。

    Q5.  修了後の進路:行政の保健師になりたい
    行政の保健師になりたいと考えています。保健師として幅広い経験を積むことができるよう、先生方とも相談しながら、就職先を検討していく予定です。

    Q6.  保健師コースの受験を考えている皆さんへ:看護の臨床経験がなくても得るものは大きい
    臨床経験がない私でも、モチベーションの高い先生・先輩・同期からたくさんのことを学べるし刺激をもらえます。学びたいことが学べ、困ったことはすぐに相談できる環境がそろっているのも魅力の一つです。皆さんに会えるのを楽しみにしています。

    保健師コースの岡部さん、ありがとうございました。
    これからも頑張ってください!

  • MFWI研修 Day 15 – 帰国
  • 2018年08月25日
  • 朝、シアトルから成田へ出発。

    シアトルでお世話になったKyokoさんと

    成田空港から伊丹空港へ。


    ここでも一時、滑走路閉鎖のため機内で待機になりました。
    しかし、今回は遅れたものの無事に離陸しました。

    伊丹空港に到着し、解散しました。

    ちゃんと全員のスーツケース出てくるかな~

    8月8日から始まったMFWI研修が無事に終了しました。
    学生は勉強に励み、たくさん笑い、スーツケース重量制限ぎりぎりまで買い物をしました。
    (HEAVYタグを付けられた人もいましたが。)

    なにより、慣れない環境の中、各自で体調を管理しながら元気に過ごしてくれました。
    さすが、看護学生&院生!

    ブログでは一部を除いて、教員目線で日々の報告をしてきました。
    9月25日の報告会(9時30分~:N204講義室)では学生の視点から体験を発表します。
    学内の方はぜひお越しください!

  • MFWI研修 Day 14 – シアトル
  • 2018年08月23日
  • 朝、MFWIからスポケーン空港へ。

    空港まで送ってくれた
    MFWIのドライバーさんにお別れ

    Day 1の写真を見ると、2年生と3年生が分かれて写っています。
    2週間経った今では…

    空港での待ち時間にゲームに興じる学生たち

    シアトル便の離陸が遅れましたが、無事に到着しました。
    まず、ビル&メリンダ・ゲイツ財団ディスカバリー・センターへ。

    案内役のTomさん

    グローバル・ヘルスなど財団のさまざまな活動について学びました。

    昼食後、パイク・プレース・マーケットがあるダウンタウンへ移動。

    自由行動で買い物などを楽しみました。

    大人気のスターバックス1号店

    明日はいよいよアメリカを発ちます。