採血の演習:基礎看護学(2年生) 

2019年02月25日

採血は、一般の人が思い浮かべる看護師の技術として、
最も認知度の高いものの一つではないでしょうか。
武庫川女子大学では、2年次の基礎看護学演習で採血を練習します。

まずは採血の準備をして、患者のもとに向かいます。

針とシリンジの接続をチェック

患者さん間違いを防ぐため、名前を確認します。

「お名前教えてもらっていいですか?」と患者さんに名前を言ってもらって確認します。

どの部分に刺すか、静脈を確認します。

「肘正中皮静脈は・・・」と、一緒に確認する清水佐知子先生

実際に刺す時にはモデルを装着して刺します。

シリンジの持ち方や角度を注意する田丸朋子先生

左手の位置や刺し方について指導する久米弥寿子先生

みんな刺す時には緊張しながら実施していましたね。
何度も練習して手技の確立と自信をつけていきましょう!


コメントは受け付けていません。