カテゴリー「院生さんの紹介」の投稿一覧

大学院生さん紹介:修士課程 看護学研究コース 2年 西田 紀子さん

2017年03月24日

西田 紀子さん
大学院看護学研究科 修士課程2年(小児看護学分野)
総合病院の小児科看護師として勤務しながら、本学の大学院に進学
アレルギー疾患をもつ小児のケアのスペシャリストとしての資格である小児アレルギーエデュケーターを持つ。

Q1 なぜ大学院に進学しようと思ったのですか。
A 私が学生(医療短大)だった頃に、当時の先生方が「看護はぜったい大学教育になるから、いずれ帰ってらっしゃい」と、刷り込まれるように言われ続けていました。それがずっと頭の中にあったんですが、大学院となると仕事をやめてまで進学する勇気がでなくて。仕事しながら進学できるところがないかなとだいぶ前から探していました。そしたら武庫川女子大学が大学院を作るという情報が出てきて、ここだったら今の仕事しながら進学できるし、教員も当時の医療短大のときの恩師の先生方が揃っていたので、もうここで決まりでした。家から近くて駅からのアクセスがいいところも決め手の一つでしたね。仕事が終わって授業を受けに行くためには通学時間も重要なので。私の条件が全て揃った場所でしたね。

 昔、「帰ってらっしゃい」と言っていた先生たちが、帰ってこられる場を作ってくれたと語る西田さん

Q2 大学院入試の受験勉強はどのようにしていましたか?
A 武庫川女子大学の大学院を知ったのが8月頃だったので、受験まで2ヶ月間しかなかったんです。オープンキャンパスのときに先生に「英語どんな勉強したらいいですか」と聞いてみたら、「基本的な読解力が求められるから、英語の文章を読む練習をしといてね」と言われました。なので、辞書を引いて英語が読める状態にしておこうと思って。でもさすがに一人で勉強するのは不安だったんで、「大学院受験のための個人塾」みたいなものだけやってみました(6回コース)。そこでの課題はだいぶむずかしかったんですが、実際の受験では複雑な構文ではなくて比較的読みやすい、たしかに「基本的な読解力」が問われる問題だったのでなんとか解けた気がします。なので、看護系の英語を読む練習をしておけばいいように思います。
専門領域の問題では、小児と基礎の分野をえらびました。小児は自分の専門領域なので、臨床で真面目に看護師していれば解ける問題でした。基礎の方は有名な看護理論が載っているような薄い本で勉強していたのですが、臨床していると理論は状況が思い浮かぶので勉強していてすごく楽しかったです。その勉強だけでとりあえず答案用紙は埋めることができました。

Q3 修士課程の研究テーマを教えてください。
A 私が小児アレルギーエデュケーターとしての資格を持っているので、その小児アレルギーに関連するようなテーマにしたいなと思っていました。今回の研究テーマでは、小児アレルギーエデュケーターが、子どもたちの不安な気持ちや困難な状況をどのように認識しているのかを調査してみました。

Q4 その研究テーマはどのようにして考えたんですか
臨床にいたらいろんなことを思うんですけど、それをどう研究に結びつけたら良いのかは難しかったですね。先生が「研究のことを考えず、まずは思っていることをしゃべってみて」と言われて、先生とのディスカッションの中で絞り込んでいきました。最初から研究計画書を書いてきたわけじゃなかったですね。受験のときにとりあえず書いた内容では(今考えると)大きなテーマだったんですが、大学院に入ってから絞り込んでいって、そのときのテーマにつながるような研究に落ち着きました。

大学院生さん紹介:修士課程 看護学研究コース 2年 嶌 ひかりさん

2017年03月24日

嶌 ひかりさん
大学院看護学研究科 修士課程2年(老年看護学分野)
市民病院の看護師、看護専門学校の教員などの勤務の後、本学の大学院に進学
5歳のお子さんとともにLavyクラブ(大学内の託児所)を利用しながら2年間勉学に励まれた。

Q1 なぜ大学院に進学しようと思ったのですか。
A 看護師していた頃からステップアップしたいなという思いは常にあって、専門学校の教員のあと、大学の助手として勤務したんですが、大学院に行って修士を取った方がいいと上司から勧められたのがきっかけです。その時たまたま武庫川のオープンキャンパスがあるというのを聞いて、より決意が固まった感じです。また、以前に研修で指導をしていただいた阿曽先生(学部長)がいらっしゃったことも大きいです。
あとは、受験をする当時、娘が3歳だったので、保育施設があるところ、駅からのアクセスがいいところも大きかったですね。仕事と子育て、そして勉強とを続けられるか不安な気持ちはありましたが、担当の徳重先生に相談すると、とても雰囲気良く受け入れてくれたのでやっていけそうかなと思い決意しました。

Q2 大学院入試の受験勉強はどのようにしていましたか?
A 受験は英語と専門科目(看護)の問題だったんですが、英語を特に勉強していました。長文の英語にだいたい2ヶ月間、毎日親しむようにしていましたね。ちょっとした合間を見つけては英語を見ていました。わからない単語が出てきたらすぐ辞書を引いて確認するというやり方をしていました。
本番ではそれまでに勉強していた甲斐もあって、なんとか解くことができました。受験中は辞書を貸してもらえて、たまに開きましたが、だいたい分かるような単語でした。でも英語はわからないと書けないので、やっぱり勉強しておいて良かったなとは思います。
専門科目の勉強は自分の専門分野の参考書をみたりして勉強していました。専門科目の試験は記述式だったので空白がないようにとにかく知っていることを書くようにしました。

Q3 子育てをしながらの2年間はどうでしたか?
A 勉強は娘が寝てからしていました。通学は、大学のLavyクラブ(大学内の託児所)まで一緒に連れてきていたんですが、意外と子どもも電車にのるのを喜んでくれたり、Lavyクラブも楽しいみたいで。たぶんLavyクラブの支援がなかったらここまで続けられてなかったと思います。Lavyクラブは預ける時間をこちらの都合に合わせてくれたことも助かりました。夜間の講義の時も預かっていただけましたし、施設はきれいで十分な広さがあり、季節ごとの飾り付けとかもあって安心できました。
また、子どもがいたからこそ励みになった面もあります。子どもへ最後までやりきった姿を見せられたのが良かったです。子どもの卒園式と私の修了式が同じ時期なので、大きくなったときに思い出にもなります。

Q4 修士課程の研究テーマを教えてください。
A サーベイランスに興味があって、感染に関する研究をしたいと思っていました。文献検討から始めて、その中から認定看護師に焦点を当てることにしました。認定看護師の教育課程も最近変わったので、実際に認定看護師がどんな指導をしていて、行っている判断基準とか、現在の課題とかを明らかにするような実態調査をしました。そこでわかったことを今度の2月の学会に発表していこうと思っています。

大学院生さん紹介:修士課程 看護学研究保健師コース 2年 乙津 絵里佳さん

2016年06月22日

DSCN1618乙津 絵里佳さん
武庫川女子大学大学院看護学研究科看護学専攻
修士課程 看護学研究保健師コース 2年
広域実践看護学領域 公衆衛生看護学分野
関東の大学病院で10年間看護師として従事した後、本学の大学院看護学研究科に進学

Q1 なぜ保健師コースに進学しようと思ったのですか。
A 学生の頃から、病院におられる患者さんやご家族だけでなく、地域の人たちと関わることには興味がありました。看護師として病院で勤務する中でもその気持は変わらず、こちらから地域に出向いて「こんにちは!」みたいな感じで訪問できたらなと思っていました。
病院は重症化してから受診される方も多く、やっぱりこれではいけない、重症化する前からの関わりや支援が必要だと思い、保健師コースに進学することを決めました。これは病院での臨床経験があってからこその気付きだったと思います。

Q2 武庫女の大学院で保健師を学ぶメリットは何ですか?
A 大学院では2年間という期間があるため、保健師に関する勉強にかけられる時間がとても長いことではないでしょうか。特に実習は充実しています。2年生では、3週間(公衆衛生看護学実習Ⅰ)、2週間(公衆衛生看護学実習Ⅱ)、1週間(公衆衛生看護学実習Ⅲ)と保健所、保健センターでの実習があります。それ以外に1年生では公衆衛生看護学継続支援実習がありました。その継続支援実習というのは、1組の乳児と母親に対して概ね月1回、9か月間かけて継続して訪問します。「はじめまして」の時から、「離乳食が始まりました」「はいはいしました」「つかまり立ちしました」と乳児の成長・発達を目の当たりにすることができます。また、「離乳食を食べなくて困る」や「動きが激しくなって大変」など、母親の悩みが変化していくことも知ることができました。「少し手が離れてきて外にも積極的に出られるようになった」など、母親が日々の育児の中で感じておられる喜びを私も共有させていただきました。継続して訪問させていただくことで、お子さんの成長・発達により変化するお母さんの気持ちにより添いながら支援していくことの大切さと難しさを実感しました。
継続支援実習では高齢者の方も担当させていただきました。家に閉じこもりがちな方だったのですが、訪問するととても話好きな方でたくさんお話を聞かせていただきました。その方の生活歴や生き方、今後の将来についてなど多くのことを語っていただき、訪問を重ねることで信頼関係が深まっていくことが実感できました。

Q3 大学院の研究に加え、保健師の実習は大変ではないですか?
A 正直いって実習は大変です(笑)。実習前の準備や記録を作成するために必要な時間も多いです。しかし、講義や演習で学んだ基礎を踏まえ、7週間の実習を経ることで保健師に必要な力を身につけることができ、エビデンスをベースとした保健活動ができる保健師に成長できると思っています。
実習では、保健師さんが市の保健計画を立てていくところや、市の計画、方針に沿って活動していることが理解できました。保健師さんに同行して学ぶ家庭訪問や学生だけで行かせていただく家庭訪問を通じて、訪問する人を通じて地域全体をみようという視点がでてきました。病院では入院している患者さんという1人の1つの場面での関わりしかありませんが、保健師は個人から地域全体を継続してみられるようにならなくてはなりません。今はその視野を広げられるように学習をしています。

Q4 修士課程の研究テーマを教えてください。
A 生活習慣病予防および介護予防のあり方について研究しています。研究ではある地区を研究フィールドとしています。地域特性をふまえて地域住民の実態を調査し、健康水準を高めていくにはどのような支援が必要かを明らかにしていきたいと考えています。

Q5 修士課程修了後の進路は、現在のところどのようにお考えですか。
A 保健師として就職したいです。地域包括支援センターや企業もふくめて自分自身を活かせるところで働きたいです。また、修士課程で研究も学んでいるので保健師として働きながら保健師活動に活かせる研究も継続していきたいです。

Q6 武庫川女子大学大学院のおすすめポイントは何ですか?
A ここにきて良かったと感じることは、いろいろな立場の人と学べることです。病院の師長さんとか、訪問看護師さん、認定看護師さんなど様々な人が現役で働きながら大学院で学んでいます。病院では聞けなかったような、管理者の立場からの意見も聞けます。それに何よりも、大学院生がみんな「学びたい」という同じ方向を向いた人たちの集まりなので、困ったときには助けてもらえますし、話も聞いてもらえる、時にはこっちが教えるなどしています。院生は仲が良いので、みんなで集まると勉強が進みます。院生同士で刺激しあいながら楽しくやっています。
先生方も熱心で丁寧に関わってもらえています。先生が私をみて、困っているな、行き詰まっているなと気付かれた時は気にかけてくれて、すごく助けてもらえています。

Q7 保健師コースの受験を考えている皆さんへ一言メッセージをお願いします。
A 大学院の授業や保健師コースの実習などイメージがつきにくいと思います。ですので、ぜひ大学院のオープンキャンパス(7月3日:土曜日)に来て武庫女の雰囲気を感じて下さい。きっと学びたいことが学べる充実した院生生活を送ることができると思います。大学院でできた友達は一生の友達になれると思います。ぜひ仲間を作って下さい!

DSCN1631院生室には机とパソコンがあります。

IMG_1176 (1)実習の様子

IMG_1170今から家庭訪問に行ってきま~す。

大学院生さん紹介:修士課程 看護学研究コース 2年 藤田 晴久さん

2016年05月30日

IMG_1543

藤田 晴久さん
武庫川女子大学大学院看護学研究科看護学専攻
修士課程 看護学研究コース 2年
広域実践看護学領域 基礎看護学分野
現在、大学病院で看護師長として勤務しながら大学院修士課程に在籍。2児の父でもある。

Q1 なぜ大学院に進学しようと思ったのですか。
A1 研究の基本的なやり方や思考を身につけるために、大学院に行きたいという気持ちは以前からありました。ただ、仕事や家庭のことなどを考えると、すぐに行動に移せなかったというのが正直なところです。でも、そういう環境が整ってきた時に良いタイミングで大学院のお話を頂き、武庫川女子大学大学院に進学しました。

Q2 看護師、夫、父親という役割がありながらの院生生活は大変ではないですか?
A2 仕事も環境も整えて入学したのですが、現実はやっぱり大変なところもありますね。仕事を優先せざるを得ないこともありますし。でも、職場の理解や家族の協力のおかげで、社会人の院生生活にも徐々に慣れていって、最近はうまくやれています。

Q3 なぜ武庫川女子大学大学院を選んだのですか。
A3 ずばり、研究指導をしてもらいたい教授がいたからです。

Q4 男性が女子大学に進学することに対して、抵抗はありませんでしたか。
A4 全くなかったです。そもそも看護師の職場も男性は少数ですからね。それに、武庫川女子大学の大学院は男女共学ですので。

Q5 修士課程の研究テーマを教えてください。
A5 テーマは看護倫理です。看護師の倫理観を高めるための教育的アプローチを実施し、道徳的感性を指標に倫理観の変化を量的に評価していくという研究です。研究フィールドは自分の職場です。研究フィールドがあることや、現場と密着した研究ができるということは働きながら学べる院生の強みかもしれませんね。

Q6 修士の学位取得後の進路は、現在のところどのようにお考えですか。大学院で学んだことをどのように活かしていきたいですか。
A6 現在働いている職場の看護研究のサポートを充実させたいと思っています。スタッフがやっている研究に対して、自分がお手伝いできるものが今よりも+αとなれば、現場の研究はさらに充実するのではないかと考えています。自分の肥やしというよりも、職場に還元するために大学院に来ているという感じです。その方が、モチベーションが上がりますしね。他の院生メンバーも個人のためというより、職場での臨床の課題を持って大学院に通っている人が多いので、とても良い刺激になります。

Q7 大学院の受験を考えている皆さんへ一言メッセージをお願いします。
A7 モチベーションが高い人達が集まってくるので、自身の視野を広げたい、見識を高めたいという人にとっては非常によい環境です。ぜひ入学してほしいと思います!