EVENTS

秋季展覧会に関連し、シンポジウム「なぜ普通のモノをしらべるのか」を開催します

2018/11/21武庫川女子大学附属総合ミュージアム設置準備室

開催日:2018/11/28

事前申し込み:不要

対象者:一般

内容

開催中の秋季展「粗品?粗品!―時代の空気感を映す―」(12月5日まで)の関連イベントとしてシンポジウム(文化庁支援事業)を開催します。

 

 

昭和日常博物館館長の市橋芳則氏が「なぜ普通のモノをしらべるのか」と題し、基調講演。

続くパネルディスカッションでは、市橋氏と、大阪商業大学商業史博物館学芸員の池田治司氏、国立民族学博物館准教授の佐藤浩司氏、武庫川女子大学教授の安藤明人氏が登壇。

池田氏が「生活の中の計量器」、佐藤氏が「普通の物から見えてくること」、安藤氏が「ヒトとモノとの関係からヒトとヒトとの関係を考える」と題し、それぞれ提案を行い、市橋氏を交えて討論します。(コーディネーターは横川公子・武庫川女子大学附属総合ミュージアム設置準備室室長)。

シンポジウムに先立ち、14時から14時30分まで、秋季展会場の武庫川女子大学学術研究交流館5階ギャラリーで、学芸員が展示資料の解説を行います。

 

 

 

開催日時 2018年11月28日(水)15時~17時40分
会場 武庫川女子大学 学術研究交流館1階ホール
定員 70人
参加費用 無料
問い合わせ先

武庫川女子大学附属総合ミュージアム設置準備室

電話:0798-45-3509

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE