大学院NEWS

建築学専攻修士1年生フィールドワークⅤA 「大阪信愛女学院 (聖堂)」の見学をしました! 

2015/04/29

 建築設計総合演習 I 課題1「闇と光と空間」の関連FWとして、大阪信愛女学院の聖堂を見学しました。竹中工務店の設計で2004年に建てられた建物には、「静けさ」を創出することをコンセプトに、さまざまな五感を刺激する演出がなされています。
 はじめに、敷地周囲から、聖堂のファサードや外構のデザインなどについて見学し、設計者である非常勤講師の酒井先生(竹中工務店設計部)から説明を受けました。入り口からスロープとなった回廊をゆっくりと抜け、聖堂に入り、薄暗い前室の中で、一旦、心を静め、あらためて聖堂内へ導くといった設計の意図を実感することができました。とくに、アプローチ空間での水面のデザイン的な工夫、入り口でのほのかな光、聖堂内での祭壇両脇から差し込む光の効果や、西側の壁面下部に設けられた横長窓を通して、水面に反射した光を取り込む工夫など、光の取り入れ方を詳細に見て回り、各自が体感し、スケッチや写真に記録しました。建築設計総合演習の課題「闇と光と空間」に大いに役立つ経験をすることができました。
 なお、本見学は演習の一貫として特別に許可をいただいております。
 詳しい様子は、建築学専攻ホームページをご覧ください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE