大学院NEWS

臨床教育学専攻「特別の教科 道徳」全面実施 直前緊急フォーラムを開催しました

2018/01/15

12月23日に研究所棟202教室にて“「特別の教科 道徳」全面実施 直前緊急フォーラム”を開催しました。

小学校では2018年度から、中学校では2019年度から「特別の教科 道徳」が始まります。
どのような準備をしておけばよいのか、授業改善をどのように進めていけばよいのか、評価はどのように行えばよいのか等、教育現場の先生たちの不安や疑問を軽減し、自信をもって取り組んでいただけるように企画されました。
北は北海道、南は宮崎・熊本まで、全国から150名を超える先生方に参加いただきました。

フォーラムでは、まず押谷由夫教授(本学臨床教育学研究科)が、「『特別の教科 道徳』の求める理念と授業と評価」という演題で基調講演をされました。

その後、2名の先生による事例発表がなされ、道徳授業における全体計画や様々な工夫、留意点などが実践に即して詳しく語られました。
(植田清宏先生【園田学園女子大学非常勤講師・京都市立竹の里小学校非常勤講師】「社会的課題に応えるユニット型道徳学習」、
彦坂聖子先生【堺市立西陶器小学校教諭】「学級経営の基盤となる道徳授業を子どもたちと創る」)

最後に、「『特別の教科 道徳』にいかに取り組めばよいのか」と題して語り合いの時間が設けられ、参加者から出された質問に、押谷教授、植田先生、彦坂先生が丁寧に答えました。

4時間を超す長丁場でしたが、途中退室する者はほとんどおらず、むしろ参加者は増えていき、熱心にメモを取られていました。
現場の先生方の熱意が感じられる有意義なフォーラムとなりました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE