大学院NEWS

建築学専攻2月14日に修士論文・修士設計発表会を開催しました!

2013/02/25

 平成24年度修士論文・修士設計発表会を開催しました。建築学専攻修士課程2年生18名が半年間にわたり取り組んだ修士論文、修士設計を発表しました。瀬口生活環境学研究科長にもご参加いただき、冒頭にあいさつをいただいた後、修士論文12編と修士設計6作品を3つのセッションに分けて発表を行いました。論文は、建築に係る日本の芸術や文化、風景を取り上げたもの、宗教と自然観に関するもの、空間の知覚、認識に関するもの、場所の特性や建築家の研究から、東日本大震災、空き家、エネルギー消費など、今日の社会的な課題をテーマとしたものまで様々な研究成果が発表されました。一方修士設計は、国内外の伝統的建築地区のまちづくり、砂漠化懸念地区の緑地再生、木製ユニットを組み合わせた建築、光と陰影の織りなす空間、郷土での祭礼空間の創出をテーマとしたものなど、こちらも様々な作品が発表されました。発表に対して多数参加された先生方から講評をいただき、ほとんどの学生が6年一貫の、そして他大学からの入学生は修士課程2年間の建築教育の集大成としての発表を無事終えました。
 詳しい様子は、建築学専攻ホームページをご覧ください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE