NEWS

本学の建築群の魅力について、岡崎甚幸・建築学科長が、甲子園会館で講演しました。

2010/09/16

 建物を長持ちさせる事業に取り組んでいるロングライフビル推進協議会(BELCA)主催の講演会「ロングライフビルの秘訣」=写真右=が9月16日午後、甲子園会館西ホールで開催され、本学建築学科の岡崎甚幸・学科長=写真左=が「武庫川女子大学の建築群」と題して、伝統ある甲子園会館や附属中・高校の建物について講演しました。

 甲子園会館は建物の中から建物が見られるようにコの字型に作られ、水陽炎(みずかげろう)が屋内に映るように設計されています。このように、美を徹底的に追求した建物であることや、維持管理に力を注いでいることなどを、岡崎学科長は約1時間にわたって解説。参加した建築関係者ら約150人は 「甲子園会館は現代建築にはない美しさに溢れた建物」「80年前の建物が今もなお、キャンパスとして使われているとは」と驚いていました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE