NEWS

情報メディア学科3年の清水理紗さんと高橋友理さんの作品が「NHKミニミニ映像大賞」1次審査を通過! 不思議なおじさんが少女を元気付ける話です。

2010/11/10

 NHKが主催する映像コンテスト「NHKミニミニ映像大賞」で、情報メディア学科3年の清水理紗さんと高橋友理さん=写真左の右から順=(いずれも藤本憲一教授ゼミ)の作品『Ojisan?…NO! My angel★』=写真右=が、倍率10倍以上の難関となった1次審査を突破しました。

 このコンテストは若手のクリエイターを応援するために開催され、今年で8回目を迎えます。今回の作品募集テーマは「見た人を元気にする30秒の映像作品」。グランプリ受賞者は、NHKで監督デビューできるということもあり、1次審査には全国から761点もの応募がありました。惜しくも2次審査には進めませんでしたが、1次審査通過作品の70点に選ばれました。

 『Ojisan?…NO! My angel★』は、気分が沈んでいる女の子が、ひもを引っ張ると不思議なおじさんが登場するというユニークな内容。登場したおじさんとのたわいない会話で、女の子が元気を取り戻すというストーリーです。清水さんと高橋さんはこの作品をつくるにあたり、「元気」というテーマをどう表現するか苦労しました。家族や友人に「元気」についてインタビューするなどして作品を完成させました。

 清水さんと高橋さんは「何気ないことが元気の素になることがある。身のまわりに小さな幸せがあるということを伝えたかった」と話しています。

 グランプリ発表と表彰式は、11月13日に東京・渋谷のNHK放送センターで行わ、2人も出席します。この様子は12月上旬にNHKで放映される予定です。コンテストの詳細や審査結果、放送スケジュールは第8回NHKミニミニ映像大賞のホームページをご覧ください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE