NEWS

高齢者を対象とした生涯学習講座「生涯学習鳴尾大学」が中央キャンパスで開催され、近隣のお年寄り約80人が参加しました。

2010/12/02

 武庫川女子大学のある鳴尾地区の高齢者を対象とした生涯学習講座「生涯学習鳴尾大学」の講義が12月2日午前、中央キャンパスのメディアホールで開催されました。大学近隣に在住のお年寄り約80人が、土井裕司・食物栄養学科教授の講義を熱心に受講しました=写真右=。

 生化学が専門の土井教授=写真左=は「うどんから見た日本の東西」というテーマで講義。スライドを用いながら、日本各地のうどんやうどん出汁の成分を分析した結果など紹介しました。土井教授の分かりやすい説明に、会場からは「へぇ!」「なるほど」と言った声があがり、受講者は講義に集中している様子でした。参加した女性は「先生の分かりやすい説明を楽しく聞かせていただきました」と感想を話していました。

 「生涯学習鳴尾大学」は財団法人鳴尾会が鳴尾地区に住んでいる60歳以上の方を対象に主催し、1979年から開かれています。1年間に約20回の日程で、本学の教員らが教養講座や実習・見学などのプログラムを行っています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE