NEWS

ハンディキャップのある人、ない人が理解し合える社会を―。本学が参加・協力する展覧会「ボーダレスをめざして展」が神戸で開催されました。

2010/12/16

 本学が参加・協力する「第4回ボーダレスをめざして展」(主催:財団法人兵庫県学校厚生会)が12月16日から24日まで神戸市中央区のアートホール神戸で開催されました=写真左=。この展覧会は、ハンディキャップのある人、ない人がお互いに理解を深め、共に喜び合える「ボーダレス社会」を目指して企画・開催され、本学は大学教育学科、附属中・高校、幼稚園、保育園が参加・協力します。

 今年は、園児や生徒、学生たちがワークショップや授業で作ったミニツリー=写真中=や教育学科の大貝ゼミの「障がい者のためのオープンカレッジ」=写真右=で障害者の方と学生が協力して制作したジャンボツリーが、この展覧会のシンボルとしてアートホールの正面玄関を飾りました。また、本学が西宮神社の近くにあることから企画された「えびす顔プロジェクト」では、来場者に元気を与える「笑顔」の作品が展示されました。

 18日の午後2時半からの「ミュージックパーティー」では、櫻田ゆか・教育学科非常勤講師のピアノコンサート、19日の午後1時からは、山下彩・同学科助手によるワークショップ「絵馬をつくろう」が開催されました。

「第4回 ボーダレスをめざして展」
日時: 12月16日(木)~12月24日(金) 10時~18時
会場: アートホール神戸(兵庫県学校厚生会館1階) 078‐331‐9955
アクセス: JR・阪神「元町駅」から北へ徒歩1分

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE