NEWS

3月から韓国の大学へ留学する学生7人が学長に抱負を語りました。韓国の大学の受け入れ枠が広がり、留学生は最多に。

2011/02/16

 交換留学生として3月から韓国の梨花女子大学へ留学する学生3人、同・韓南大学へ留学する学生4人の計7人が出発を前に、2月16日、糸魚川直祐・学長と懇談しました。本学から両大学へ留学する学生は例年2~3人ですが、今年から韓国の大学の受け入れ枠が広がり、本学からの留学生数はこれまでで最多となりました。

 梨花女子大学へ留学するのは生活環境学部・情報メディア学科3年生の鈴木理央さん、音楽学部・器楽学科3年生の権藤綾実さん、生活環境学部・情報メディア学科2年生の池田真子さん。韓南大学へ留学するのは文学部・日本語日本文学科1年生の田中香帆さん、同学科1年生の坂本珠里さん、文学部・英語文化学科2年生の青木理穂さん、同学科2年生の浦川真実さん=写真、右から順=。

 学生は「共通教育科目でハングルや韓国文化を勉強し、韓国に興味を持ちました。韓国語や韓国の文化、社会をしっかり学んできます」「アメリカ分校へ留学して、留学する楽しさを知りました。次は韓国へ行き、違った経験をしてみたいと思います」「韓国で学んで、将来は外国人に日本語を教える日本語教員になりたいと考えています」と抱負を語りました。

 糸魚川学長は「相手の欠点を指摘できるくらいの友人関係を築き、友達の和を広げましょう。体に気をつけ、元気に頑張ってください」とエールを送りました。

 現在、本学はアメリカ、カナダ、オーストラリア、韓国、イギリスの計10大学と交換留学協定を結んでおり、積極的に留学生の派遣・受け入れを行っています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE