NEWS

本学卒業生の作家・高殿円さんと編集者が「出版界に潜り込む方法教えます~作家生かすも殺すも編集次第!~」をテーマに対談しました。

2011/06/04

 生活美学研究所主催のクリエイティブサロンが6月4日午後、本学メディアホールで開催され、本学の卒業生で小説家の高殿円さん=写真右と写真中の左=と早川書房ミステリ・マガジン編集長の小塚麻衣子さん=写真中の右=が「出版界に潜り込む方法教えます~作家生かすも殺すも編集次第!~」をテーマにして語り、100人の参加者は熱心に聞き入りました=写真左=。

 高殿さんは1998年に本学の国文学科を卒業し、2000年に第4回角川学園小説大賞奨励賞を受賞。主にジュニア向け文庫小説(ライトノベル)を多数執筆しています。代表作に「トッカン-特別国税徴収官-」「メサイア-警備局特別公安五係-」「カミングアウト」「トッカンvs勤労商工会」があります。

 高殿さんは「自分が書き上げた作品に対して何を言われてもめげずに、自分の書きたいものを書いて、まい進していくことが大切です」「作家を目指すなら、周囲の評価をあまり気にせずにスルーする力が必要だと思います」と力説しました。

 小塚さんは「編集者は、作家とのつながりが重要視されるので、社交的な人が向いていると思います。また、昼夜を問わず、作家から相談を受けることもありますから、体力も必要だと思いますね」と語りました。

 講演会の最後には、高殿さんの直筆サイン入り著書のプレゼント抽選会が行われ、当選者は本を受け取り、喜んでいました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE