NEWS

短大英語コミュニケーション学科が今夏、学生全員が参加する企業見学を実施します。キャリア支援の新しい取り組み。

2011/06/23

 短期大学部英語コミュニケーション学科が本年度から、1年生全員に企業見学を課すことになりました。8月上旬に関西圏の有名・人気企業6社を見学、自らのキャリアを考えるとともに、学びのモチベーションを高めるきっかけとします。6月23日午後には文学2号館23号教室で企業訪問を前にしてのセミナーが行われ、同学科1年生99人は真剣な表情で講師の話に聞き入りました=写真右=。

 本学ではこれまでも、キャリアセンターが希望者を対象にインターンシップや企業見学の機会を多く提供してきました。今年は英語コミュニケーション学科が学科独自のキャリア支援プログラムとして、初めて全員参加型の企業見学を企画しました。23日のセミナーでは、教員や人材教育会社の講師が、企業を見学する目的や心構えについて講義。学生は訪問を予定する企業について調べたことを発表したり=写真左=、グループに分かれて話し合ったりしていました=写真右=。

 学生は7月末にも最後の事前教育セミナーを受け、8月5日から各企業を訪問します。近畿日本ツーリストなどの旅行会社や、BMW大阪やヤナセなどの自動車会社、有名ホテルなど、学生に人気のある業界の企業を訪問します。

 さらに同学科では、2012年より9月~12月のアメリカ分校留学中にも、現地で職場見学をしたり、アメリカのキャリア教育を体験したりする予定です。

 キャリアセンター常任委員も務める同学科の辻和成教授は「キャリアに対する意識を高め、自律学習の動機付けとなるよう、全員参加の企業見学を実施することにしました。プログラムを通して、将来のキャリア形成についての意識を高めてほしい」と、取り組みの狙いを話しています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE