NEWS

留学生が金子みすゞの詩を朗読ー。「第16回夏期短期留学生受入プログラム」の修了式が行われ、留学生12人が修了証書を手にしました。

2011/07/06

 海外協定校から学生を受け入れる夏期短期留学生受入プログラム「Study in Japan 2011―Japanese Culture Studies at Mukogawa Women’s University」の修了式が7月2日、日下記念マルチメディア館メディアホールで行われ、2カ国3大学からの参加留学生12人に糸魚川直祐学長から修了証書が授与されました=写真右=。留学生たちは3週間のプログラムを終え、翌3日に関西国際空港発の飛行機で帰国しました。

 修了式で糸魚川学長は「皆さんが日本で築いた日本の友達との良い関係を、それぞれの国に帰っても引き続き保ってください」とあいさつ。その後、日本語の習熟度別に入門・初級・中級の3つの組に分かれ、学習の成果を発表しました。中級クラスの留学生は「こころに残った日本の詩」というテーマで、金子みすゞや宮沢賢治の詩を流ちょうな日本語で朗読=写真中=。会場からは大きな拍手が送られました。

 最後に、留学生全員で「上を向いて歩こう」を合唱し、修了式は閉式しました=写真左=。

 この「Study in Japan」は1996年にスタートし、今年で16回目。海外から10人程度の学生を受け入れ、総合大学である本学の特長を生かした研修を実施しています。今年は、豪州・マードック大学から8人、米国・イースタンワシントン大学から3人、米国・ホイットワース大学から1人が参加しました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE