NEWS

本学OGの北本忍選手が、カヌー競技で3大会連続の五輪出場を決めました。

2011/08/22

 カヌー・スプリント競技日本代表の北本忍選手(1999年教育学科体育専攻※現・健康・スポーツ科学科卒業)=写真=が、8月21日にハンガリーで行われたカヌーのスプリント世界選手権の女子カヤックシングル200mで40秒730の記録で4位に入賞し、ロンドン五輪の出場枠を獲得しました。北本選手はアテネ、北京につづいて3大会連続の五輪出場となります。

 カヤックシングル200mは、ロンドン五輪から新たに採用される種目。鋭いスタートダッシュ力を持つ北本さんの武器を生かせる種目で、メダル獲得も期待されます。

 北本選手は、兵庫県川西市出身。大学時代は、本学カヌー部の選手として活躍しました。2008年の北京五輪では、同じく本学OGの鈴木祐美子さん(1998年同卒)らと女子500mカヤックフォアで五輪の同種目で日本初となる入賞を達成。北本さんは北京五輪の後も、2010年に広州アジア大会カヤックシングル200mで金メダル、世界選手権で3位になるなど世界トップレベルの活躍を続けています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE