NEWS

音楽専攻科の酒井友芙未さんが「“長江杯”国際音楽コンクール」のピアノ部門で3位に入賞。4年間の集大成、思い入れが深い曲を演奏しました。

2011/09/30

 音楽専攻科の酒井友芙未さん=写真=が「“長江杯”国際音楽コンクール」(主催:中国音楽理事会)のピアノ大学の部で3位に入賞しました。12月4日(日)に大阪府立図書館ライティホールで行われる入賞者披露演奏会で演奏します。
 
 コンクールで酒井さんが演奏したのは、オーストリア人作曲家アルバン・ベルクの「Sonate op.1」。酒井さんが音楽学部の卒業演奏で披露した、思い入れのある、非常にロマンチックな曲。時代背景の理解がとても重要な曲です。酒井さんは「最初はなかなか(曲の感じが)つかめず、演奏するのにとても苦労しました。練習を重ねるうちに、自分に合っていると思えるようになり、どんどん好きになっていきました。4年間の集大成でもあるこの曲を、卒業演奏だけでなく、別の場所でも披露したいと思っていました。まだまだ満足できる演奏には達していません。曲への理解をもっと深めて、満足いく演奏ができるよう頑張りたい」と話しています。

 5歳からピアノを始めた酒井さんは、今年3月本学音楽学部を卒業、音楽専攻科に進学しました。「専攻科修了後は、ソロだけでなく、大好きな伴奏ももっと勉強して、音楽に関わっていきたい」。酒井さんと音楽の関わりは、より強くなっていきそうです。

 酒井さんは本年、音楽学部と武庫川女子大学生活環境学部情報メディア学科丸山健夫ゼミのコラボレーションで出来上がったオリジナルドラマ「CHANGE」にも主演。10月22日の文化祭で行われる映画の「完成披露試写会」で生演奏する予定です。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE