NEWS

体験講座付きの能楽コンサートが、音楽館で開かれました。参加者全員が謡曲「高砂」に挑戦し、能楽部OGはしなやかな舞いを披露。

2012/02/15

 武庫川女子大学国文学会などが後援する「体験講座付き能楽コンサート」(主催:西宮和文化教育研究会)が2月15日午後、中央キャンパス音楽館地下演奏ホールで開かれ、本学能楽部OGやプロの能楽師が出演しました。老松が描かれた鏡板などが設置されてすっかり能舞台の仕様になったホールで、学生や市民など約170人が能楽の世界を楽しみました=写真右=。

 第一部は、能の初歩的な知識を学べるビデオを鑑賞した後、会場の参加者全員が謡曲「高砂」に挑戦。梅若基徳さん(観世流シテ方)の軽快な語り口の指導を受けながら「高砂や。この浦ぶねに、帆を上げーてーェ。」と客席からは元気な謡いの声があがりました。この「高砂」は、結婚披露宴でうたわれる定番の曲の一つで、梅若さんは「皆さん、ぜひ結婚式でうたってください」とユーモアたっぷりに話し、客席は和やかなムードに包まれました。
 笛、小鼓、大鼓、太鼓の演奏を体験する時間も設けられ、抽選で選ばれた10人が舞台上で囃方から直接指導を受けました。

 第二部は、本学能楽部の卒業生3人が出演しました。濱寛子さん(1999年文学部人間関係学科卒業)が「高砂」=写真左の右端が濱さん=を、松岡由梨恵さん(2011年文学部日本語日本文学科卒業)が「巻絹」を、加藤靖子さん(2005年生活環境学部生活環境学科卒業)が「天鼓」を舞いました。続いて、能楽部を指導する吉井基晴さん(観世流シテ方)が「羽衣」を、梅若さんは「船弁慶」を舞いました。

 西宮和文化教育研究会の森村暁子さん(本学短期大学部英文科卒)は「これからも、さらに内容を掘り下げた講座を開催していきたい。興味のある方は、ぜひともご参加ください」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE