NEWS

心理・社会福祉学科主催のキャリア講座「がんばっているセンパイ」が開催され、大学院生が進路について講演しました。

2012/02/20

 心理・社会福祉学科主催の今年度3回目となるキャリア講座「がんばっているセンパイ」が2月16日、中央キャンパスで開催され、大学院・臨床心理学専攻に在学する1年生の学生2人が「大学院への進学、大学への編入、進路について考える」と題して講演しました=写真左=。

 岡本早央里さん=写真右=は「私は短大・人間関係学科を卒業し、大学の心理・社会福祉学科に編入しました。その後、大学院・臨床心理学専攻に入学しました。編入後は単位を修得するのに忙しかったです。レポート提出も多く大変でした。でも、そのぶん勉強したという達成感があります」と話しました。

 米崎ちひろさん=写真中=は「大学生の時、就職活動もしていたのですが、最終的に大学院進学を選びました。大学院へ進むと、周りは心理学が好きな人ばかりで、その人たちと話ができるのが楽しいです」と大学院の魅力を語りました。

 その後、ブースに分かれて個別相談が実施され、出席した約20人の大学・短大生は積極的に質問していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE