NEWS

「ALWAYS三丁目の夕日」の時代の学生・生徒募集ポスターが見つかり、公江記念講堂地下で展示。教員と栄養士の免許取得には、当時から力を入れていました。

2012/02/24

 昭和33年(1958年)の東京の下町を舞台にした映画「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズが大ヒットしていますが、この頃の本学院の学生・生徒募集ポスターなど2枚が学院資料室で見つかり、そのコピーが公江記念講堂地下の広報室前の廊下で展示されています。

 ポスター(縦38センチ、横53センチ)=写真中=は、当時の掲示物が好んで使用した赤と黄の2色で印刷。大学は「文学部国文・英文」と「家政学部食物・被服」、短大は昼と夜間が「国文・英文・教育」「家政・被服」、昼だけが「音楽・体育」の学生を、さらに高校、中学も生徒を募集しています。この頃は、大学は2学部4学科、短大は7学科でした。
 中央に「高・中・小・幼教員免許」と目立つように記し、教員免許の取得に力を入れていることをアピールしています。学科構成などから、1955~1958年の間に制作され、駅などで貼り出されたものと思われます。

 もう1枚見つかったポスター(B3判)は「武庫川女子短期大学 第二部(夜間部)」の国文、初等教育、家政各学科の聴講生募集のポスター=写真右=。「21世紀をめざす女性 生涯教育 年齢不問」とうたっています。学科構成やポスターに掲載された中央キャンパスの夜景の写真などから、1984年ごろのものと分かりました。

 広報室前の廊下には、このほか2006年夏から2011年秋までに新聞に掲載された本学の広告も展示しています=写真左=。広告の変遷が一目で分かる展示をご覧ください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE