NEWS

食生活学科1年生を対象にした講演会「先輩に話を聞く会」が開催され、卒業生3人が学生時代の過ごし方や現在の仕事について語りました。

2012/07/18

 食生活学科1年生を対象にした講演会「先輩に話を聞く会」が7月14日5限、文学2号館11号教室で行われ、栄養士の資格を生かして仕事をしたり、編入学して勉強を続けたりする卒業生の話に、学生約180人が耳を傾けました=写真左=。講演会は、学生が早い段階で卒業後の自分をイメージできるようになることを目的に開催されました。

 保育園に勤める熊澤朋実さんは、調理開始から片付けまでの一日のスケジュールや保育園給食、食育活動について説明し、「いろいろなことに興味を持ってチャレンジしてください」と語りました=写真右の右=。
 給食会社に勤務し、現在病院に配属されている河添智恵子さんは「栄養士として働きたくて今の会社に就職しました。在学中に臨床栄養学の先生の話を聞いて、病院で働きたいと思うようになりました」と話し、病院での多様な業務について説明しました=写真右の左=。
 他大学に編入学した海野悠さんは、編入学試験やおすすめの参考書について説明し、「毎日の授業を大切に、習ったことをしっかり理解するように心がけてください」とアドバイスしました=写真右の中=。

 最後に質疑応答の時間が設けられ、学生は熱心に質問していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE