NEWS

心理・社会福祉学科の学生が授業の一環として、卒業生が教えるフラを体験しました。

2012/07/24

 心理・社会福祉学科の1年生約50人と3年生約80人が6月27、28両日、「レクリエーションの実技」「レジャーと生活文化」の授業で、卒業生の中村博子さん=写真右=を講師に迎え、フラを体験しました。

 中村さんは、2004年度に文学部教育学科初等教育専攻人間関係コース(現在の心理・社会福祉学科)を卒業し、広告代理店、編集社での音楽ライターの経験を踏まえ、5年前からフラの教室を開き、多くの方にフラを教えています。
 
 最初に、中村さんはウクレレを取り出し、独特の音色を鳴らしながら、フラの歴史と舞踊文化を説明し、学生は興味深く聞き入っていました。後半は中村さんの指導のもと、フラの衣装を身に着けて、フラを体験しました=写真中=。

 中村さんは「身体の揺れは波を、そして振り付けの一つひとつにはすべて意味があります」と説明、学生らは慣れないリズムに戸惑っていましたが、最後には全員で「He Ui(ヘウイ) 」の曲を踊りきることができました=写真左=。
 
 中村さんは授業の最後に、学生時代の思い出や近況を話され、「「これから豊かに生きていくために、「好きなこと、夢中になれることを見つけてください。何事もあきらめないで!」と学生を激励しました。

 受講した学生は、「楽しかった」「フラだけでなく、就職活動、社会に出てからの厳しさなどいろいろな話を聞くことができて、勉強になりました」「何かに挑戦してみようかなという気持ちになりました」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE