NEWS

生活環境学科の大坪ゼミ生が、大学近くの浜甲子園団地をキャンドルでライトアップしました。

2012/08/03

 生活環境学科住環境・地域デザイン研究室の大坪明教授ゼミの4年生、一宮佳穂さん、近藤智絵さん、島田奈津子さん、則竹紗也子さんの4人が7月28日夜、西宮市の浜甲子園団地で行われた夏祭りの会場の一角を、キャンドルでライトアップしました。4人は団地住民の健康長寿を支援する活動をしている薬学部・木下健司教授のゼミ生らと共同で、約800個のキャンドルを並べ=写真左=、光の世界を演出しました。

 大坪ゼミでは、2009年度から住民の高齢化が進む浜甲子園団地で住民交流を促進する活動に取り組んでいます。ゼミで団地商店街の一室を借り、そこを拠点に映画鑑賞会やヨガ教室などさまざまなイベントを開催、地域の方と交流しています。

 夏祭りでのキャンドルナイトイベントは今年で2回目。今年はテーマを「夢」に決め、約1カ月前から準備してきました。学生たちは団地住民や浜甲子園幼稚園・浜甲子園保育所の園児たちなどに協力を呼び掛け、ろうそくの炎を風から守る紙の筒に、各自の夢をイラストや文字で表現してもらいました。家族の幸せを願うものや、ロンドン五輪での日本選手の活躍を願うものなど、さまざまな「夢」が書かれた約300個のオリジナルキャンドルが出来上がりました=写真中=。

 学生たちは銀河や日本列島などの形をイメージして、キャンドルを並べました。あたりが暗くなると、キャンドルの温かい光が暗闇に浮かび上がり、会場は幻想的な雰囲気に=写真右=。祭りに訪れた住民たちは、自分が作ったキャンドルの前で記念写真を撮るなどして、楽しい時間を過ごしていました。

 ゼミ生らは「住民の皆さんが足を止めてキャンドルに見入っている姿を見ることができ、うれしかったです」と感想を話していました。大坪ゼミでは、今後も同団地で工作を楽しむ「手作り教室」を開催するなどし、団地住民と交流をさらに深めていく予定です。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE