NEWS

教育学科と西宮市教委が連携して「教員研修モデルカリキュラム開発プログラム」の研修と講演会を開き、地元の現役教員や本学教育学科の学生が参加しました。

2012/08/09

 西宮市教育委員会と本学の連携事業として、8月8日午後「コミュニケーション力アップ」研修が行われ、市内の幼稚園から中学校までの現役教員と教育学科の学生ら25人が参加しました=写真右=。この研修は、独立行政法人教員研修センターの「大学と教育委員会の連携・協働による研修カリキュラム開発事業(大学委嘱事業)」として、今年度採択されたものです。

 午後1時から行われた研修では、兵庫県立ピッコロ劇団から、本田千恵子さんと広瀬綾子さんを講師に迎え、演劇の手法を取り入れたコミュニケーションゲームや、言葉を使わず体でイメージを表現したりしました。

 参加した教育学科の学生は「初めは緊張しましたが、実際教育現場にいらっしゃる、世代の違う方々と接することができて、とてもよい経験になりました」と話しました。

 研修に続き、午後3時からは「思考力・判断力・表現力を育てる評価のあり方―パフォーマンス評価の進め方―」と題し、京都大学大学院教育学研究科の西岡加名恵・准教授=写真中=による講演会が行われました=写真左=。30人余りの聴講者は、投げかけられた質問に対し、近くの人と相談して意見をまとめたり、熱心にメモを取ったりしていました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE